ホーム > 単行本 > 彼女たちの三島由紀夫

単行本

中央公論特別編集

彼女たちの三島由紀夫

中央公論新社 編

三島由紀夫は女性に何を語ったのか――。岸田今日子、高峰秀子、越路吹雪、宇野千代らとの全集未収録対談と、『婦人公論』発表の作品を中心に三島の発言とエッセイを集成。同時代を生きた杉村春子、若尾文子、円地文子、湯浅あつ子ほかの貴重な回想に加え、酒井順子、ヤマザキマリ、石井遊佳、北村紗衣による新規エッセイを収録する。初の女性執筆陣による三島読本。【三島由紀夫没後50年記念出版】

書誌データ

  • 初版刊行日2020/10/21
  • 判型A5判
  • ページ数208ページ
  • 定価本体1800円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005347-4

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部: