ホーム > 単行本 > 勘三郎の死

単行本

評話集

勘三郎の死

劇場群像と舞台回想

中村哲郎 著

何と言っても、いい役者面白い、愉しい役者ある時代の、人の世の花だった。躍動する戦後歌舞伎の展開を背に十八代目勘三郎との三十九年間の交流と葛藤を綴る迫真の名エッセイ。七世芝翫、四世雀右衛門、河竹登志夫、ジェームズ・ブランドン、草森紳一、永山武臣、三島由紀夫……昭和平成、逝きし世の劇場群像も浮かび上がる。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/7/9
  • 判型四六判
  • ページ数396ページ
  • 定価本体3000円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005321-4

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部: