ホーム > 電子書籍 > 女と文明

電子書籍

女と文明

女と文明

梅棹忠夫 著

「男と女の、社会的な同質化現象はさけがたい」――今や当たり前にも思えることを六十年前に民族学者の立場から徹底的に論じた梅棹忠夫。発表するや賛否両論の大反響を巻き起こした「妻無用論」「母という名のきり札」を含む慧眼の書。有賀薫氏、酒井順子氏、花田菜々子氏推薦。〈解説〉上野千鶴子【目次】まえがき女と文明アフガニスタンの女性たち タイの女性たち家庭の合理化妻無用論母という名のきり札家事整理の技術について――家事整理学原論Ⅰ すてるモノとすてられないモノ――家事整理学原論Ⅱあたらしい存在理由をもとめて女と新文明情報産業社会と女性『女と文明』――追記解説 「妻無用論」から半世紀をへて  上野千鶴子

書誌データ

  • 配信開始日2020/6/24
  • 判型中公eブックス
  • 希望小売価格本体780円(税別)
[an error occurred while processing this directive]