2019 10/15
編集部だより

秋といえば

10月5日・6日に開かれた、第92回日本社会学会大会

 はじめまして。あらたに中公新書編集部のメンバーの一員に加わりました、Yと申します。お見知りおきのほど、よろしくお願いいたします。

 早速ですが、みなさんは秋といえば何を連想しますか? 読書の秋、食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋・・・・・・。色づく紅葉や金木犀の香り、旬を迎える栗やブドウの味わい、ハロウィンやお月見のにぎわいなどを思い浮かべる方もいるかもしれません。

 しかし、自分にとって秋といえば、これです。ずばり、「学会の秋」です。

 あまり馴染みのない方のために説明すると、学会とは「同じ学問を専攻する学者が、研究上の協力・連絡・意見交換などのために組織する団体。また、その会合」(大辞林 第三版)のことで、日本社会学会、日本政治学会、史学会、日本音楽学会のように、分野ごとに組織されています。研究者の多くが、関連する学会に所属しています。

 中でもいちばん大きな「会合」である大会が、毎年、この時期に集中して開催されます。大会では様々なジャンルの研究報告が多数行われ、一般の人も参加費を払って聴講することができるものも多く、無料の大会もあります。誰もが知る有名な先生から注目の若手まで、全国から研究者が集まって、発表・討議・交流がなされる貴重な機会。編集者にとっても、最新の研究動向を知るにはうってつけのシーズンなのです。

 大会に実際行ってみると、ひとつの学問分野の中でも、さらに細かいテーマに分かれて、同時並行でいくつものプレゼンテーションやシンポジウムが行われます。大学の教室が会場として用いられるので、ついつい学生時代を思い出したりしながら、興味のある報告を巡ることができます。

 当日のプログラムを片手に、あの発表は外せない、これも聞きたいけどかぶってしまう・・・・・・などなど、タイムテーブルづくりに悩むさまは、まるで学問の世界の「フェス」のような趣もあります。もちろん、ただ行って楽しむだけのお祭りではなく、参加後には関連する論文や書籍が織りなす壮大な世界が待ち受けています。

 秋の風物詩でありながら、学問的フェスでもあり、異界への扉が開く「祭祀」でもある(と、勝手に私が思っている)学会大会。皆さんも関心のある分野があれば、ぜひ積極的に参加してみてはいかがでしょうか。(Y)