知を導く「鍵(La Clef)」はここに!中公新書ラクレポータルサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7

奥の手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 shimoda.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


前回までのおさらい

 バカンス先のタイで原稿を書き進めると断言して旅立ったシモダ氏。しかし、案の定その約束は反故にされた。刊行まで残された時間はあと少し。はたして新刊はどうなる!?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 私たちはいよいよ追いつめられていた。

 筆は進まないのに、刊行日は迫り、連動して開催するイベントなどの詳細はすでにまとまりつつあった。さらに頼りの綱だったバカンス執筆もあえなく失敗。もはや逃げ場は無さそう。「このままでは間に合わないのでは・・・」。そんな暗い予感がふと胸をよぎる。

 しかし、私たちにはまだ奥の手があった。それはここまで続けてきたカンヅメの進化系、「宿泊カンヅメ」だ。これはもともと筆の進まないシモダ氏が

「温泉いーぎーだーいー! いいお湯につかりさえすれば、絶対良い案がでる!!」

と言い出したことにはじまる。

「作家ってみんな温泉で書いてるじゃん。浴衣とか着ちゃって、そういうもんしょ」

 今時そんな話はとんと聞いたこともないし、あったとしても取材旅行か、大物作家がベストセラーを出したお祝いだろう。しかもシモダ氏はうちからどころか、単著として、過去に一冊の本すら出したこともないのだ。

「ぼくちん、どっか泊まりがけじゃないと、もう進めないもんね!」

ダダをこねだすと聞かないのがシモダ氏の性格でもある。

 殺・・・。ぶっそうな文字が一瞬脳裏をよぎるが、あくまでこの場が仕事であることを思いだし、それを懸命に振り払う。

 しかし遅れている執筆にあらためて専念してもらえる、いいチャンスなのかもしれない・・・。どこかでそんな裏腹な思いも生まれていた。そこで、さすがに温泉とはいかなかったが、都内でそれっぽい和式旅館を予約することにした。それが今日のこの場だ。

 確かに効果はあった。

 ぶっつづけにおよそ10時間、作業を続けたことで、なかなか進まなかったもろもろの整理も進んだ。また、これまで取りかかれていなかった「タイトル」案についても、ひざを突き合わせ、じっくり話し合うことが出来たのだ。

 出てきた案も、さすが天才と言われるシモダ氏。

 『こんな僕でも社長になれた2』や『新・蟲師』など、長年この業界に携わっているが、まったく聞いたことすらない、それでいて、なぜだか売れそうに思えるタイトルばかりだった。

 果たして原稿そのものは、どこまで進むことが出来たのか? それはまた次回、あらためて報告させて頂こうと思う。


nisibiiii.JPG

西日がギラギラと差し込み、30度を超える室内で熱中する著者。執筆にふさわしい環境を用意できたことは、一編集者としてとても誇らしい。

ラクレ編集部 吉岡宏


シモダテツヤ 
1981年生まれ。ウェブクリエイター。日本一ふざけた会社を標榜する「バーグハンバーグバーグ」代表取締役。家入一真氏のスカウトで2004年にpaperboy&co.に入社、2006年にサイト「オモコロ」を開設し、2010年に起業。多くのネット著名人を従え、徹底して「ふざけた」プロモーションを実施している。代表的な実績として「Honda黙認!お金をもらって車を宣伝するサイト」企画、1.5トンの豆を豪快にぶつけ合う「すごい豆まき 鬼リンピックin東京タワー」イベント、インド人のアドバイスを無視した「インド人完全無視カレー」通販など。雑誌『週刊アスキー』、技術評論社サイトなどで連載中。

ページトップへ戻る