知を導く「鍵(La Clef)」はここに!中公新書ラクレポータルサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10

家入さんとの対談イベント、その後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 shimoda.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

ここまでのあらすじ!

書籍刊行を目指し、闘いを続けるバーグハンバーグバーグ社長シモダテツヤ氏と、編集者である私。気づけば最初の刊行予定日から、なんと1年近くも遅れている。そこでページを稼ぐべく、最後に投入した兵器。それが『対談』だった・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 10月6日、台風が日本をおそった月曜日。シモダ氏、初の単著『日本一ふざけた会社の ギリギリセーフな仕事術(仮)』刊行(予定)記念イベントが行われた。

 当初は刊行後にイベントを行って書籍のPRにつなげる、という思惑だったのだが、いつのまにか本への収容となり、さらにはページを稼ぐ最終手段となっていた。

 対談場所は、先日東証一部への上場が決定したサイバーエージェント。そして対談相手は、連続起業家であり活動家である、あの家入一真氏である。

 台風の影響もあり、どうなることかと思われた集客だが、二人のネームバリューはやはりすごかった。用意された数百人の席は満員。若者から、薬品会社のお偉いさんまで、若きカリスマ二人を待ちわびる空気で会場は満たされていたのである。

SHKA10000.JPGご来場の皆さん、有り難うございました 

 条件は整った。たとえ二人がイベント直前の控え室で、ビールを片手に金◎の大きさの話題に夢中でも、あのオーディエンスの前で、サイバーエージェントの前で、おふざけは出来ないだろう。

 「いくらシモダ氏が刊行を邪魔しようと、どうあがこうと、これで本は完成だ。ククッ」。私は心の中で笑いを抑えきれなかった。

 そしていよいよ開場!

 ・・・甘かった。二人は「金◎の話題なら誰もが飛びつく」と、控え室の話題をそのまま持ち出したと思ったら「何かを学ぼうとして来場したのが気に入らない」と言い出した。

 さらにピーのピピピニ社長をサンシャインマンに似ているだの、ピージェントのピー社長はおしりが好きだの、まったくここには記せそうにない話題ばかりを展開。むろん本にはほとんど収容出来そうにない。

 最後にはイベント主の「SHAKE100を壊しに来た」とか「とことん居座ってサイバーエージェントの電気代をつり上げてやる」とまで言い出す始末。

 完敗だ。こいつら、マジでふざけた社長だったんだ・・・。

 こうして観客からは熱狂を獲得し、イベントは幕を閉じた。確かにイベントは彼らの勝利だったかもしれない。しかしあんまり腹が立ったので、二次会では反省させましたよ。

hannseiii.JPG

いたく反省をする二人の様子。サイバーエージェントは懐の深い会社と聞いているし、これで許してくれたことだろう

ラクレ編集部 吉岡



シモダテツヤ 
1981年生まれ。ウェブクリエイター。日本一ふざけた会社を標榜する「バーグハンバーグバーグ」代表取締役。家入一真氏のスカウトで2004年にpaperboy&co.に入社、2006年にサイト「オモコロ」を開設し、2010年に起業。多くのネット著名人を従え、徹底して「ふざけた」プロモーションを実施している。代表的な実績として「Honda黙認!お金をもらって車を宣伝するサイト」企画、1.5トンの豆を豪快にぶつけ合う「すごい豆まき 鬼リンピックin東京タワー」イベント、インド人のアドバイスを無視した「インド人完全無視カレー」通販など。雑誌『週刊アスキー』、技術評論社サイトなどで連載中。

ページトップへ戻る