知を導く「鍵(La Clef)」はここに!中公新書ラクレポータルサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3

のらりくらり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

shimoda.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 6月某日。原稿が進まないシモダ氏に何とか書き進めさせるべく、今週も中目黒でカンヅメを開始。

 

 とはいえ、私たちは二人とも齢30を超えた立派な紳士だ。いきなり「さあ書け!ほら書け!」とはならない。紳士たるもの、最初はおたがいの近況報告から入るものである。

 先週はどうでした、こうでした。まもなくこんなことがあるんですよ。へー、それは大変ですねえ。ほうほう、そのようなことで、ではいよいよ......やっぱり雑談!ふんふん、わかりましたよ。もうそろそろ............やっぱり雑談!!

 そんなこんなで気が付けば既に1時間。この間、キーボードを打つ手にまったく動く気配はない。

 実は書かなければならない項目はここまでの1年以上に渡るやりとりを経て、ある程度決まっている。そしてシモダ氏は一度書き始めれば、間違いなく面白い文章を書く。実際、あがった原稿をみて、私は幾度と無くうならされてきた。

 しかし毎回のことながら、シモダ氏は乗らないと、書くことを「ピタッ」とやめてしまう。天才と言われるゆえんなのかもしれないが、毎回、そこをどうにか書いてもらうよう、あの手この手で誘導しなければならない。それも監視係の私に任された仕事なのだ。

 そんなことで以下、本日のやり取り。

 

私「一行だけ、一行だけでいいから書いてください」

シモダ氏「うんうん、合格!僕が編集者だったらおそらく同じことを言いますね」

 

私「せめてキーボードに手を置いてください」

シモダ氏「内緒にしていたんですが・・・・・・つきゆびしまして。しかも指全部(足も)!」

 

私「5文字だけでいいですから」

シモダ氏「モジ、4コシカシリマセン」

 

私「何でも良いから」

シモダ氏「あ、これ『週刊アスキー』の原稿だった」

 

その他。

「関ジャニが窓の外を通りましたよ。違うかもしれませんけど」

「今、たまたまダラダラしたい時間なんです」

「30分たったらスイッチが入るはず」

 

 まるで宿題を前にした「のび太」の言い訳! のらりくらりとは正にこのこと。ああ、この言い訳を原稿にすればどれだけページが進むことだろう。

 

 完全に絶望に打ちのめされる中、シモダ氏自身、「書く」ということについてどう考えているのか、あらためて聞いてみることにした。すると彼は一瞬目をふせたあと、ゆっくりとこう答えた。

 

「......僕には「書く」ことしかないんです。実際、今の社会を見渡したとき、その行為を通じてしか、世間に自分の存在を残す、爪痕を残すことなんて出来ないじゃないですか。僕から書くという行為を取ったら何が残ると思います?何も無いんです」

 

 

 



全部ウソだー。

 

続く

 

 

このなめきった顔!こんな顔で原稿に臨む著者をほかに私は知らない


写真.JPG

 

*以上、ラクレ編集部 吉岡

シモダテツヤ 
1981年生まれ。ウェブクリエイター。日本一ふざけた会社を標榜する「バーグハンバーグバーグ」代表取締役。家入一真氏のスカウトで2004年にpaperboy&co.に入社、2006年にサイト「オモコロ」を開設し、2010年に起業。多くのネット著名人を従え、徹底して「ふざけた」プロモーションを実施している。代表的な実績として「Honda黙認!お金をもらって車を宣伝するサイト」企画、1.5トンの豆を豪快にぶつけ合う「すごい豆まき 鬼リンピックin東京タワー」イベント、インド人のアドバイスを無視した「インド人完全無視カレー」通販など。雑誌『週刊アスキー』、技術評論社サイトなどで連載中。

ページトップへ戻る