ホーム > 電子書籍 > 子どもの世話にならずに死ぬ方法

電子書籍

子どもの世話にならずに死ぬ方法

新装版 

子どもの世話にならずに死ぬ方法

俵萠子 著

「老い」をどう生きるか? どうすれば介護の不安を解消し、子どもの人生を巻き込むことなく死ねるのか――。母親の闘病と死から老後の自立を考え、五年に亙り約百か所の老人施設を取材、そこで暮らす人々の肉声を聞いて歩いた渾身のルポルタージュ。現在の「終活」ブームの先駆けとなった名著が、16年の時を経て復刊。解説/樋口恵子、新装版解説/上野千鶴子【目次より】●第一章    母さん、堂々と病んでください  〝最後の七年〟のはじまりの日   母さん、堂々と病んでください   動けなくなったらどうしよう   人間の能力が減っていく日●第二章    親孝行を期待したらダメ   母よ、淡くやさしき光ふるなり   介護不安が日本を狂わせる   〝アトノ祭リヨ〟といいたくないが......   ホネは拾わなくてもいい?●第三章    母の着物に抱かれるしあわせ   人は老いると、どんなことが起こるか   放っといて。早く死なせて   ホーム行脚、本格的にはじまる   母の着物に抱かれるしあわせ●第四章    理想のホームを求めて   ペットと暮らせるホームがあった......   福祉はどこへ行った?   やっぱり、高齢者虐待はあった●第五章    親の自立、子の自立   妻の病気に弱い男たち   九十二歳でホームを出た理由   住まい型ホームに体験入居してみる   好みと値段が一致しないホームたち●あとがき●解 説――ついのすみ家の青い鳥 樋口恵子●新装版解説――老人ホームに入りたくないこれだけの理由 上野千鶴子

書誌データ

  • 配信開始日2021/10/18
  • 判型中公eブックス
  • 希望小売価格1870円(10%税込)
[an error occurred while processing this directive]