ホーム > 電子書籍 > 青山二郎の話・小林秀雄の話

電子書籍

青山二郎の話・小林秀雄の話

青山二郎の話・小林秀雄の話

宇野千代 著

青山二郎と小林秀雄。この稀代の目利きと不世出の批評家の身近で同時代を生きた著者。その無垢の眼で捉えた両者の姿を描いた全エッセイを初集成。青山二郎、大岡昇平による著者をめぐるエッセイを併録する。文庫オリジナル。 〈解説〉林秀雄・宇月原晴明〔目次より〕Ⅰ 青山二郎の話青山二郎の話青山二郎さんの思い出説明をしなかった青山さん青山さんの童心ははははは独創は真似からはじまるよく出来た田舎者芭蕉を偲んで和ちゃんの話悪いものは見ない青山二郎さんへの手紙女性的才能について――あるハガキ通信――Ⅱ 小林秀雄の話あの頃の小林さんゴッホとロートレック真の恩人は小林さん小林秀雄さんの愛情私の一生に書いた作品の中で私の本箱凡て尊敬することだ二つの文体文学界の表紙Ⅲ 宇野千代の話 青山二郎夜眼、遠眼、傘の内 青山二郎最も善く出来た田舎者――宇野千代さんについて 青山二郎〈巻末エッセイ〉淡島の家 大岡昇平中公文庫版『青山二郎の話』解説 林秀雄

書誌データ

  • 配信開始日2020/6/26
  • 判型中公eブックス
  • 希望小売価格本体900円(税別)
[an error occurred while processing this directive]