知を導く「鍵(La Clef)」はここに!中公新書ラクレポータルサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とんかつVS唐揚げ "骨肉"の争い!?――5万人を誇るカラアゲニストの精鋭たちが渋谷で「爆食い」した夜

唐揚げのすべて――うんちく・レシピ・美味しい店

 とんかつが好きすぎて『とことん! とんかつ道』という本を担当した編集者です。こんにちは!
 いきなりですが皆さん、2月9日は何の日でしょうか?
 そう、もちろん「肉の日」です。
 2015年のこの良き日、私は渋谷で開かれるという「謝肉祭」を訪問しました。
 でもこのイベント、(私的には残念なことに)とんかつ食べ放題なパーティではありません。
 この日のメインディッシュは「からあげ」。
 あちらこちらで「カラー」と叫んだかと思えば、「アゲー」と応えて乾杯する声・声・声。お店の中は、文字通りの酒池肉林です。
 この謝肉祭を仕掛けたのは、「日本唐揚協会」。
 協会認定「カラアゲニスト」たちが、この日、会場となったお店「海峡」さんに大挙押し寄せたのでした。
 それもそのはず。協会の会員数は約5万人を誇るそうで、いわゆる「マイナー協会業界」というものの中で比べると、ダントツの数字なのだとか。どこの世界にもマニアがいるものなのですね。
 ちなみに、協会会長の安久鉄兵さんいわく「マイナー協会さんのつながりでは、日本雨女雨男協会という団体さんもあるんですよ~」。めちゃくちゃ気になります!
 話を戻しましょう。
 会場では、ケンタッキーフライドチキンみたいなどデカい唐揚げが次々と給仕され、中には十枚、二十枚とたいらげる強者も。
 その様子を観察しているだけでお腹いっぱいですが、周りのペースにつられて私も「爆食い」状態に突入。海峡さんの「伝説の若鶏唐揚」は、「からあげグランプリ」(これも協会さん主催)で最高金賞を受賞しただけあって美味でした!
『とことん! とんかつ道』を片手に完全アウェーな感はあったものの、「○○っていうとんかつ屋はいいよ~ おススメ」などと声をかけてくれるカラアゲニストさんたちの優しさに触れて感謝感激。同じ肉食人種として、友情を育むことができました。
 
 実は、安久会長の新刊が出ました!
『唐揚げのすべて――うんちく・レシピ・美味しい店』(中公新書ラクレ)
 からあげグランプリの歴代受賞店はもちろん、味噌ピー、ザンギ、黒からあげなどご当地グルメや、高速サービスエリアの唐揚げまで、完全網羅。
 ぜひお買い求めのほど、お願い申し揚げます!

 おっと、『とことん! とんかつ道』(今柊二著)もヨロシク。

千葉県と言えばピーナッツ。ピーナッツと言えば味噌ピー!? 味噌ピーと言えば味噌ピー唐揚げ???

京都で知る人ぞ知る「唐揚げパフェ」。はたしてそのお味は? 

隕石のような真っ黒い物体!? 岐阜県関市の名物「黒からあげ」

ページトップへ戻る