ていだん 小林聡美

てい‐だん【鼎談】
――三人が向かい合って話をすること。
(『広辞苑』より)

誰もが知るあの人の素顔、
知らなかったあの人の意外な魅力――
ゲスト36人と紡いだ
人生が愛おしくなる対話の時間
『婦人公論』の大人気連載、
「小林聡美のいいじゃないの三人ならば」が、
ついに一冊にまとまりました!
女優・小林聡美が、人生で初めての
ホスト役に挑戦したこの連載。
登場するのは作家、俳優、噺家、料理人、
ミュージシャン、そして漁師etc...
読むとちょっぴり気持ちが豊かになる
多彩な36人とのスペシャルな対話集。

井上陽水、川上未映子「10年後、私たちは......」
小泉武夫、飯島奈美「発酵の不思議な魅力とは」
もたいまさこ、片桐はいり「映画『かもめ食堂』から10年」
松岡享子、群ようこ「猫と絵本と"石井桃子"」
柳家小三治、酒井順子「芸は身を助けるか?」
長塚圭史、西加奈子「堂々と生きる」
加瀬亮、前田敦子「俳優という職業に向き合う!」
南伸坊、江戸家小猫「なぜ、まねるのか?」
大橋歩、小野塚秋良「センス、ってなんだろう」
宇多喜代子、森下圭子「痛快に生きる」
市川実和子、市川実日子「大人の姉妹力」
坂崎千春、坂本美雨「猫の徳」
大貫妙子、畠山晶「今、海のそばで暮らすこと」
板谷由夏、平岩紙「太い女」
白旗眞生、野村友里「誰かと食べる、って?」
役所広司、光石研「九州男児と語らう」
甲斐信枝、本上まなみ「自然と話す暮らし」
石田ゆり子、中谷百里「動物の命とどうかかわる?」

『ていだん』

中央公論新社刊
四六版変型304ページ
定価 本体1600円(税別)

※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。