これでもいいのだ ジェーン・スー

川原瑞丸

思ってた未来とは違うけど これはこれで、いい感じ。

イベント

『これでもいいのだ』刊行記念 ジェーン・スーさん トーク&サイン会
満員御礼!【1/28 東京・有楽町】
  • 【日時】2020年1月28日(火) 午後7時開始(午後6時30分開場)
  • 【会場】東京交通会館12階特設会場
  • 【定員】150名
  • 【ゲスト】土岐麻子さん(歌手)
  • 【問合せ先】三省堂書店有楽町店 03-5222-1200
  • ※参加券(有料)が必要です。詳細は以下のリンク先ををご覧ください。

    【三省堂書店Webサイト】

    https://www.books-sanseido.co.jp/events/959460

【2/1 愛知・名古屋】
  • 【日時】2020年2月1日(土) 午後6時30分開始
  • 【会場】星野書店近鉄パッセ店
  • 【問合せ先】星野書店近鉄パッセ店 052-581-4796
  • ※整理券が必要です。詳細は以下のリンク先をご覧ください。

    【星野書店Webサイト】

    http://bookshoshino.wp.xdomain.jp/event1/janesu2020.html

満員御礼!【2/5 東京・新宿】
  • 【日時】2020年2月5日(水) 午後7時開始(午後6時30分開場)
  • 【会場】ブックファースト新宿店・Fゾーンイベントスペース
  • 【定員】50名
  • 【ゲスト】 堀井美香さん(TBSアナウンサー)
  • 【問合せ先】ブックファースト新宿店 03-5339-7611
  • ※参加券(有料)が必要です。詳細は以下のリンク先ををご覧ください。

    【ブックファーストWebサイト】

    http://www.book1st.net/event_fair/event/page1.html

これでもいいのだ

ジェーン・スー

年齢を重ねただけで、誰もがしなやかな大人の女になれるわけじゃない。思ってた未来とは違うけど、これはこれで、いい感じ。「私の私による私のためのオバさん宣言」「ありもの恨み」......疲れた心にじんわりしみるエッセイ66篇。

刊行予定日:2020年1月9日 判型:四六判変型・並製 ページ数:256ページ 定価:1400円(税別)
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • 紀伊國屋
  • honto
  • TSUTAYA
  • ehon
  • HonyaClub
試し読み更新中!

目次

第1章

女友達は、唯一元本割れしない財産である

プレミアム豚の夜/「小ライスは私です」/店選びは茨の道/バブルパワーにあやかりたい/「冴えない女の会」/「女子アナ」が勝利するとき/ゴッドマザーを頼まれて/戦争とのそれぞれの接点/江戸切子で熱中症/離婚と親権/選択的おひとり様マザー/女に生まれて良かった/現実のファム・ファタル

第2章

中年女たちよ、人生の舵をとれ

私の私による私のためのオバさん宣言/自営業者の孤独/八年ぶりの長期休暇/私の種は芽吹かない?/「なにもしない贅沢」にソワソワ/私だってモデルサイズ/我が家の「賢者の贈り物」/観光ベタは惑う/フランスと日本。生きやすいのは?/化粧と通勤電車/「ごめんなさい」とベビーカー/「伝える」の先にあるもの/ハラスメントと権力/オール・フリー・チューズデー/ありもの恨み/コンプレックスと欲のバランス/ムズムズまでの距離/それぞれの背景/〝現役〟のアップデート/生きる糧の更新

第3章

世の中には物語があふれている

エンターテインメントは命の糧/初々しい、男たちのダイエット/健康にはお金がかかる/誰にも邪魔できない聖域/ダイエットのモチベーション/再結成したバンドに思うこと/スタンプカードの罪/ポップミュージックの存在意義/店頭の旬と欲望の旬/ぐるぐる回るあの渦が恋しい/壮大な寄り道/あれ取ってここでそれやって!/節約と贅沢と無駄遣い/ゾンビとピーナッツ/セールスマンのこだわり/「性格が良い」とはどういうことか/秘すれば花/ベストな手帳が来年を決める/もの悲しさの種/父の健康法

第4章

大人だって傷付いている

空腹のかたち/「一生モノ」とは言うけれど/パツンパツンの喪服で/四十代にちょうどいいパンツ/ああ、年中行事/「大丈夫だよ」と言ってほしかった/ドラッグストアでの大人買い/脳のメモリとスマートフォン/手強すぎる門番/値の張る財布が買えない件/勉強しておけば良かった/生きてさえいれば/甘い憂鬱

プロフィール

ジェーン・スーJane Su

1973年、東京生まれの日本人。作詞家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ。TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」のMCを務める。『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』で第31回講談社エッセイ賞を受賞。著書に『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』『今夜もカネで解決だ』『生きるとか死ぬとか父親とか』『私がオバさんになったよ』、中野信子との共著に『女に生まれてモヤってる!』など。

これでもいいのだ

ジェーン・スー

刊行予定日:2020年1月9日 判型:四六判変型・並製 ページ数:256ページ 定価:1400円(税別)
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • 紀伊國屋
  • honto
  • TSUTAYA
  • ehon
  • HonyaClub
試し読み更新中!