2020年の恋人たち 島本理生

インバーを営んでいた母が、突然の事故死。
落ち着く間もなく、店を継ぐかどうか、前原葵は選択を迫られる。
同棲しているのに会話がない恋人の港、
母の店の常連客だった幸村、
店を手伝ってもらうことになった松尾、
試飲会で知り合った瀬名、そして......。

しいときもあった。
助けられたことも。
だけどもう、いらない。

まぐるしく動く日常と関係性のなかで、
葵が選んだものと選ばなかったもの――

『Red』『ファーストラヴ』の著者が描く、女の煩悶と決断。「婦人公論」人気連載、待望の書籍化!
直木賞受賞後長篇第一作

NEWS

2020/12/20 オンライントークイベント

島本理生さんに本作の魅力、裏話などを語っていただきます。事前に寄せられた質問にもお答えいただく予定です。

  • 開催日時:2020年12月20日(日) 11:00~
  • 聞き手:瀧井朝世さん
  • 参加費:
    イベントのみ:1,500円(税込1,650円)
    イベント+対象書籍:2,500円
    (税込2,750円《イベント参加券900円(税込990円)+書籍1,600円(税込1,760円)》)
  • 販売期間:2020/11/19 10:00~2020/12/12 24:00
  • ※Zoomウェビナーによるトークイベント形式のイベントです。
    参加者は視聴のみとなりますが、チャットなどでホストとやり取りすることができます。
  • 詳細はこちらをご覧ください
    https://www.yurindo.co.jp/storeguide/69625?cat=event

  • ※今回のイベントは「ネタバレあり」になります。
    イベントまでに『2020年の恋人たち』を読了いただくことを推奨いたします。

2020年の恋人たち

島本理生

単行本 刊行日:2020/11/24 定価:本体1600円(税別) ISBN:978-4-12-005279-8
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • 紀伊國屋
  • honto
  • TSUTAYA
  • ehon
  • HonyaClub