ホーム >  全集  > 日本の中世(10)

全集

日本の中世(10)

日本の中世(10)

分裂する王権と社会

村井章介 著

建武新政の挫折、南北朝分立の影響は聖俗の権門から武士にいたる社会層に広がった。天皇家断絶の危機を孕み、権力の下方分化による下剋上の時代に向かう日本史上最大の分岐点を描く。

書誌データ

  • 初版刊行日2003/5/25
  • 判型四六判
  • ページ数320ページ
  • 定価本体2500円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-490219-8

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前・品切れ等や商品によっては指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 学芸編集部:
   
 文芸セクション:
   
 特別編集部:
   
 『西洋美術の歴史』の公式アカウント
   

総合ランキングベスト5