ホーム >  全集  > 日本の中世(1)

全集

日本の中世(1)

日本の中世(1)

中世のかたち

石井進 著

源頼朝が足柄山に腰かけ両足で東の外ケ浜、西の鬼界ケ島を踏んでいる、安達盛長の夢は何を意味するか――北の境界地域や鎌倉、各地の市に集う人びとから明らかになる「中世」の実像。

書誌データ

  • 初版刊行日2002/2/10
  • 判型四六判
  • ページ数328ページ
  • 定価本体2400円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-490210-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前・品切れ等や商品によっては指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 学芸編集部:
   
 文芸セクション:
   
 特別編集部:
   
 『西洋美術の歴史』の公式アカウント
   

総合ランキングベスト5