月報:伊藤比呂美・平野啓一郎

定価 6800円(税別)

ISBN ISBN 978-4-12-403585-8 C0393

第二十五巻、9月10日刊行!
初期文章
「狆の葬式」「うろおぼえ」「死火山」ほか
談話筆記
「創作前後の気分」「ねこ」「当道」「三十分放談」「幼年の記憶」「「細雪」瑣談」「私の好きな六つの顔」「美女礼讃」「佐藤春夫と芥川龍之介」ほか
創作ノート
「松の木影」「続松の木影」「潺湲亭」「子」「丑」「武州公秘話ノート」「七十九の春ノート」「覚醒剤に関する筆記」「幼少時代メモ」「絶筆メモ」
歌稿
「ありのすさひ」「松廼家集」「歌集〔初昔 きのふけふ〕」

戦争中に焼失したと考えられていた「松の木影」をはじめ、「続松の木影」「子」「丑」「武州公秘話ノート」など、三十余年にわたる十一冊の「創作ノート」を収載。着想から実作に到る、文豪の鬼気迫る創作の過程が明らかになる!
ほかに、学生時代の神童ぶりが伝わる「初期文章」、作家の本音が見え隠れする「談話筆記」、明治年代から晩年に到るまで折々に詠んだ多数の短歌・俳句を書き留めた「歌稿」を収める。新資料満載、注目の一冊。