ホーム > 新書 > 物語 ポーランドの歴史

中公新書

物語 ポーランドの歴史

東欧の「大国」の苦難と再生

渡辺克義 著

十世紀に産声をあげたポーランド王国は、十四~十六世紀に隆盛を極めるが、王朝断絶後、衰退に向かう。十八世紀、ロシア・プロイセン・オーストリアによる分割で国家は消滅。第一次大戦後に束の間の独立を勝ち取るも、第二次大戦中にはドイツとソ連に再び国土を蹂躙された。冷戦下の社会主義時代を経て一九八九年に民主化を達成。潜在力を秘めた地域大国は今、どこへ向かうのか。栄光と悲運に彩られた国と民族の歴史。

書誌データ

  • 初版刊行日2017/7/20
  • 判型新書判
  • ページ数248ページ
  • 定価本体820円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102445-9

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・山形新聞2017年10月8日
・外交2017年9・10月号
・日刊ゲンダイ2017年9月12日/須賀しのぶ(作家)
・週刊エコノミスト2017年8月29日号/本村凌二(早稲田大学特任教授)
・公明新聞2017年8月21日
・朝日新聞(朝刊)2017年8月20日



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5