ホーム > 新書 > 通貨の日本史

中公新書

通貨の日本史

無文銀銭、富本銭から電子マネーまで

高木久史 著

都の建設のため国産銭が作られた古代、中国からの輸入銭に頼った中世、石見銀山の「シルバーラッシュ」が世界経済をも動かした戦国時代、財政難に苦しめられた江戸の改革者たち、帝国日本の通貨政策......。無文銀銭が登場した7世紀から現在まで、通貨をめぐる歴史はエピソードに事欠かない。通貨政策に大きな影響を与えてきた庶民の事情にも着目しながら、その歩みをたどる。今も昔も私たちを悩ませる、お金をめぐる通史。

書誌データ

  • 初版刊行日2016/8/19
  • 判型新書判
  • ページ数272ページ
  • 定価本体840円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102389-6

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・週刊ダイヤモンド2017年4月15日号
・東京新聞(朝刊)2016年11月13日
・日本経済新聞(夕刊)2016年10月20日/中沢孝夫(福山大学教授)
・中国新聞2016年10月18日/著者インタビュー
・夕刊フジ2016年9月28日
・週刊エコノミスト2016年9月27日号/板谷敏彦(作家)



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5