ホーム > 新書 > 日清戦争

中公新書

日清戦争

近代日本初の対外戦争の実像

大谷正 著

1894年の夏、日清両国が朝鮮の「支配」をめぐり開戦に至った日清戦争。朝鮮から満州を舞台に戦われた近代日本初の国家間戦争である。清の講和受諾によっていったん終わりをみるが、割譲された台湾では、なお泥沼の戦闘が続いた。本書は、開戦の経緯など通説に変更を迫りながら、平壌や旅順の戦いなど、各戦闘を詳述。兵士とほぼ同数の軍夫を動員、虐殺が散見され、前近代戦の様相を見せたこの戦争の全貌を描く。

書誌データ

  • 初版刊行日2014/6/25
  • 判型新書判
  • ページ数288ページ
  • 定価本体860円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102270-7

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

歴史地理教育2015年1月号/辻健司(京都市立近衛中学校)
日本歴史2014年11月号
週刊現代2014年9月6日号/溝口敦(ノンフィクション作家)
朝日新聞(朝刊)2014年8月31日
週刊ポスト2014年8月29日号/山内昌之(明治大学特任教授)
日本経済新聞(朝刊)2014年8月24日/井上寿一(学習院大学学長)
サンデー毎日2014年8月3日号
読売新聞(朝刊)2014年7月21日/中西寛(京都大学教授)


web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5