ホーム > 新書 > 武士道の名著

中公新書

武士道の名著

日本人の精神史

山本博文 著

武士道とは何か。武士はいかに生き、死すべきなのか――。戦乱の世が生み出した軍学書『甲陽軍鑑』『五輪書』から、泰平の時代の倫理書『山鹿語類』『葉隠』へ。そして、幕末維新期の吉田松陰、西郷隆盛へと連なるサムライの思想水脈を経て、武士道を世界に知らしめた新渡戸稲造まで。日本人必読の名著12冊で知る、高潔にして強靭な武士の倫理と美学。章末には、各書から選りすぐった人生指南の「名言」を付す。

書誌データ

  • 初版刊行日2013/11/25
  • 判型新書判
  • ページ数216ページ
  • 定価本体760円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102243-1

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

日本経済新聞(夕刊) 2014年2月19日/藤島大(スポーツライター)

web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2018/06/15
『兼好法師』が第3回「西脇順三郎学術賞」を受賞
2018/06/08
『プロテスタンティズム』が第19回「読売・吉野作造賞」を受賞
2018/04/02
五十嵐泰正×小松理虔×武田徹「7年後のいまをどう伝えるか ――『原発事故と「食」』刊行記念」@ゲンロンカフェのお知らせ
2018/03/13
『人口減少時代の土地問題』が第8回「不動産協会賞」を受賞
2017/12/19
『応仁の乱』が第52回「書店新風賞」の特別賞を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5