ホーム > 新書 > フランス現代史

中公新書

フランス現代史

英雄の時代から保革共存へ

渡邊啓貴 著

パリ解放とドゴールの凱旋によって出発したフランスの戦後には疲弊した経済の立て直し、植民地解放運動への対処等課題が山積していた。とりわけアルジェリア紛争は国内分裂を招きかねない危機であった。これを乗り切ったドゴールの指導力も、五八年五月の学生反乱を契機とする変革の波には抗し切れなかった。高度産業社会は伝統的価値観も転換させたのである。英雄の時代からコアビタシオン(保革共存)へ向かうフランスの試行の足跡。

書誌データ

  • 初版刊行日1998/4/25
  • 判型新書判
  • ページ数344ページ
  • 定価本体960円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-101415-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・週刊東洋経済2016年12月24日号


関連書籍

web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2018/06/15
『兼好法師』が第3回「西脇順三郎学術賞」を受賞
2018/06/08
『プロテスタンティズム』が第19回「読売・吉野作造賞」を受賞
2018/03/13
『人口減少時代の土地問題』が第8回「不動産協会賞」を受賞
2017/12/19
『応仁の乱』が第52回「書店新風賞」の特別賞を受賞
2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5