ホーム > ニュース・トピックス > 『たそがれてゆく子さん』(伊藤比呂美著)刊行記念 トーク&サイン会(人生相談コーナーあり!)のお知らせ

ニュース・トピックス

2018/09/10『たそがれてゆく子さん』(伊藤比呂美著)刊行記念 トーク&サイン会(人生相談コーナーあり!)のお知らせ

005111.jpgたそがれてゆく子さん』刊行記念 伊藤比呂美先生トーク&サイン会(人生相談コーナーあり!)を開催します。

日時:2018年10月1日(月) 19:00開演(18:30開場)
場所:ジュンク堂書店 池袋本店

ご無沙汰していた間、ずんずん老いていました――夫のER緊急入院から始まる日々を描いて、切実なのに不思議と元気が湧いてくる、伊藤比呂美さんの最新エッセイ『たそがれてゆく子さん』。その刊行を記念してトークショーを開催いたします。伊藤先生に、女の人生後半戦のリアルな体感をたっぷり語っていただきます。トークの後には、参加者のお悩みに直接答える"人生相談"コーナーを設けます。

【講演者紹介】
伊藤比呂美(いとう・ひろみ)
1955年、東京都生まれ。詩人。78年に現代詩手帖賞を受賞してデビュー。性と身体をテーマに80年代の女性詩人ブームをリードし、『良いおっぱい 悪いおっぱい』にはじまる一連のシリーズで「育児エッセイ」という分野を開拓。一貫して「女の生」に寄り添い、独自の文学に昇華する創作姿勢が多くの共感を呼び、人生相談の回答者としても長年の支持を得ている。近年は介護や老い、死を見つめた『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』(萩原朔太郎賞、紫式部文学賞受賞)『犬心』『父の生きる』、お経の現代語訳に取り組んだ『読み解き「般若心経」』『たどたどしく声に出して読む歎異抄』を刊行。近著に『切腹考』『ウマし』など。2018年より熊本に拠点を移し、早稲田大学教授を務める。

イベント詳細・予約は以下ジュンク堂さんのサイトへ
https://honto.jp/store/news/detail_041000027753.html?shgcd=HB300