ホーム > ニュース・トピックス > 『新しい分かり方』が原案の短編映画、カンヌ映画祭(短編部門)にノミネート

ニュース・トピックス

2018/04/13『新しい分かり方』が原案の短編映画、カンヌ映画祭(短編部門)にノミネート

小社刊の佐藤雅彦著『新しい分かり方』が原案となった、短編映画『どちらを選んだのかはわからないが、どちらかを選んだことははっきりしている』(英文タイトル="Duality")が、第71回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門にノミネートされました。
2014年に同じカンヌ映画祭でノミネートされた短編作品『八芳園』につづく快挙です。
こんどの作品は、佐藤雅彦さんが、映画プロデューサーの川村元気さん、東京藝術大学佐藤雅彦研究室の卒業生による映画製作チームc-projectと共同で監督した映画です。
『新しい分かり方』で考察したテーマが、どのように映像化されているのか、ご注目ください。
映画祭は、本年5月8日~19日に開催されます。

『新しい分かり方』特設サイト
https://www.chuko.co.jp/special/atarashii/index.html