ホーム > ラクレ > 歌舞伎に女優がいた時代

中公新書ラクレ

歌舞伎に女優がいた時代

小谷野敦 著

出雲の阿国が始祖だといわれつつも男が演じるものとされてきたのが歌舞伎である。だが実際には歌舞伎には女の役者がいた時代がある。江戸時代に大名屋敷などで演じていた「お狂言師」、明治時代に大衆的人気をほこった「女團洲」こと市川九女八ら、女歌舞伎役者たちなどがそうである。「女形のかわりではない女優」たちゆえの苦悩や葛藤、そして彼女らの演劇史への功績を、歌舞伎役者の家に生まれた女優たちともからめて描く。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/3/9
  • 判型新書判
  • ページ数240ページ
  • 定価本体880円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-150680-1

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

関連書籍

中公新書ラクレランキングベスト5

総合ランキングベスト5