第22回手先の延長のように使える包丁

人気料理研究家の松田美智子さんが魅せられた、
台所道具・調味料の数々を紹介する連載「手ばなせないもの」。

第22回は「包丁」をご紹介します。

菊一文字  自在ペティナイフ

ハイス鋼を使用した切れ味抜群のペティナイフ。
メンテナンスも、京都の老舗「菊一文字」でしてくれる。
刃長15cm ¥22,000(税抜)
/松田美智子料理教室 jizai@m.email.ne.jp

紙幅の関係上、誌面では掲載できなかった
松田先生オリジナルレシピをご紹介します。
この商品の魅力を活かした料理です。
ぜひお試しくださいね!

白身魚のカルパッチョ

この包丁ならいしがれいを
薄くそぎ切りにするのも簡単

材料と下ごしらえ(4人分)

いしがれい…80g~100g 
 →3~5㎜厚さのそぎ切りに
ドレッシング
 柚子胡椒…小さじ1/2
 オリーブ油…大さじ2
 ちどり酢…大さじ1
白髪ねぎ…1/2本分 →水にさらし、軽く絞る
針柚子…小さじ1
塩…少々

  • いしがれいは両面に塩を薄くする。冷蔵庫に入れて約15分しめる。ドレッシングの材料を合わせる。

  • 器に①を盛り、ドレッシングをかけ、針り柚子を散らし、白髪ねぎをのせる。

  • 白身魚は、鯛、ひらめなどでも。脂がのっていれば、柚子胡椒を強めに効かせるとよい

豚肉と生姜のせん切り炒め

ピーマンのシャキシャキした
歯ごたえを楽しんで

材料と下ごしらえ(4人分)

豚肩ロース(5㎜ほどの厚さの薄切り肉)…300g →5ミリ幅に切る
下味
 醤油…大さじ2
 酒…大さじ3
 黒胡椒…適量
ごま油…大さじ1/2
ねぎ…1/2本 →縦半分に切り、芯をのぞいて斜め薄切りに
生姜(せん切り)…大さじ2
セロリ…1本 →筋を取り、5cm長さの細い短冊切り
ピーマン…2個 →種とわたを取り、せん切り 
赤ピーマン…1個 →種とわたを取り、せん切り
塩、胡椒…各適量

  • 豚肉を下味の調味料に15分ほど漬ける。

  • 中華鍋にごま油を熱し、生姜を炒め、香りが経ったら、豚肉を下味調味料と一緒に炒め、しっかり火を通す。

  • ②にねぎを加え、さっと合わせ、セロリを加える。味を見て、塩、こしょうで味を調える。

  • 最後にピーマン類を加えて火を切り、ざっと合わせて火を止める。

撮影◎荒木大甫 構成◎北村美香 (詳細は2016年1/26号掲載)

まつだみちこ

料理研究家、テーブルコーディネーター。
日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰している。
季節感を大切におしゃれで作りやすい料理を心がけ、多数の雑誌やメディアで活躍中。企業のメニュー開発やキッチンブランドへの監修
などにも関わる。最新刊は『季節の仕事』