注目記事

高良健吾×吉田修一 われら九州男児、〝粋〟を語る

吉田修一さんの青春小説『横道世之介』が2013年に映画化された際、主演を務めた高良健吾さん。このたび続編の刊行にあたり再会しました。吉田さんも高良さんも主人公・世之介同様、10代で九州から上京してきたとか。そんなところから、話がはずみます──

吉田 実は『続 横道世之介』を書くことには、不安がありました。前作から10年が過ぎるなかで、世之介がすごく遠くに行ってしまった気がしていて。でも書き始めてみれば、世之介は世之介のままだった。ただ今回は、正直なところ、スクリーンの中の高良くんを完全にイメージして書いていましたね(笑)。素晴らしい映画にしてもらえて、本当に幸せな作品だと思います。
高良 僕も、24歳の時に『横道世之介』に出会えたのは、すごく幸せなことでした。それまでは、自殺する役とか狂気を秘めた青年とか苦しい役が多くて、世之介みたいな、どこかで会ったことがあるような、友達のなかにもいそうな人を演じるということがなかったので。
吉田 重苦しい役の印象があまりに強かったから、「世之介役が高良健吾くん」と聞いた時、あれ? なんかイメージが違うぞ、と僕も思った。だから、撮影の見学に行ってびっくりしたんですよ。学園祭で太陽の被り物をしているシーンを撮っていたんですけど、イメージにぴったり。「あ、世之介だ」と思った。
高良 どうして世之介みたいな人間を描こうとしたんですか。

(『婦人公論』2019年4月9日号より一部抜粋)
※ 同号は、書店店頭にて4月8日まで販売中

婦人公論センパイ特設ページへ
最新号目次

メルマガ配信(無料)

婦人公論メールマガジンのご案内
メルマガ登録
ページの先頭へ