注目記事

ひとたび帰ればそこにトラブルが
私たちを悩ます5大テーマは……

親の顔を見るたび、また一段と老いた気がする。いざ介護が始まっても、きょうだいは一切アテにならない! 直面しがちな実家のお悩みトップ5とともに、読者の体験談を紹介します

1位 親が老いていく 59.0%
*3年前に要介護認定を受けたひとり暮らしの母(85歳)は、施設に行くと「食事がまずい」「スタッフの入浴のさせ方が雑で嫌だ」などと不満ばかり。同居している義父(88歳)も老人性うつ病で目が離せない。あぁ、悩ましい!(60歳・主婦)
*母(79歳)に介護保険が適用されず、通院や器具の購入で出費がかさむ。耳は遠く、左目はほとんど見えず、脚も不自由だが、障害者手帳ももらえなかった。却下されても繰り返し申請している。年金だけではまかなえないのだから、仕方ない(52歳・会社員)

(『婦人公論』2018年8月28日号より一部抜粋)

掲載号

婦人公論 2018年8月28日号(8月10日発売)
定価590円(本体価格546円)
表紙: 朝夏まなと

2018年8月28日号(8月10日発売)

人生を愉しむ
自分リニューアル

ホンネの実家問題

実家事情五大テーマ アンケート結果発表
酒井順子×原 武史 通巻1500号記念対談
瀬戸内寂聴 人は変わり続ける
→目次へ
→ご購入はこちら
ページの先頭へ