注目記事

知っておきたい! 年を重ねた犬&猫のケア 須﨑恭彦

医療の進歩で、犬や猫も長生きできる時代に。加齢に伴う不調には、さまざまな対処法があります。ペットが晩年まで快適に過ごすために家庭でできるケアの方法を、専門家に教えてもらいました

老いを受け入れ、サポートに徹して
ペットが高齢になって今までと様子が違ってくると、「これからどうなってしまうのか」とうろたえたり、「自分のケアが悪かったのか」と落ち込んでしまう飼い主さんがいます。
しかし生き物の体調や行動が年齢とともに変化していくのは、当たり前のこと。病気のかかりやすさや寿命には個体差があり、「長く生きたから良い、短命だから悪い」というように考えるのは大きな間違いだと、私は思います。平均より短い生涯だったとしても、家族に愛され、充実した日々を送った幸せなペットは、たくさんいるからです。

(『婦人公論』2018年7月10日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!

掲載号

婦人公論 2018年7月10日号(6月26日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 安田成美

2018年7月10日号(6月26日発売)

50代からは、
〝女の黄金期〟

ペットも人も高齢化時代

須﨑恭彦 年老いた犬&猫のケア
宮本浩次(エレファントカシマシ)インタビュー
残間里江子×三田寛子 対談
→目次へ
→ご購入はこちら
ページの先頭へ