注目記事

眠るための8ステップで 「睡眠負債」に怯えない 櫻井武

テレビ番組で取り上げられた「睡眠負債」という言葉が話題になっています。しかし、情報に振り回され、必要以上の“不眠不安”に陥っていませんか? 上手に眠るための最新の方法をお教えします

睡眠が果たしている 3つの役割

 「なかなか寝つけない」「夜中に何度も目が覚めてしまう」など不眠を訴える人は多いもの。ある調査によると、5人に1人が睡眠に対して何らかの悩みを抱えているそうです。
 そもそも人は、なぜ眠る必要があるのでしょう? 睡眠の役割については医学的にはっきりわかっていない部分が多いのですが、主に3つ考えられます。1つは脳内の情報整理。私たちは起きている間、どんどん情報を取り込んでいろいろな学習をしていますが、それを処理する脳の機能には限界がある。そのため脳は、寝ている間に情報を整理して必要なデータを取り出しやすくする、という作業をしているのです。これは記憶に関わってきます。

(『婦人公論』2017年9月12日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!

掲載号

婦人公論 2017年9月12日号(8月22日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 江原啓之

2017年9月12日号(8月22日発売)

あなたの悩み、
お祓いします

「睡眠」の常識が
変わった!

櫻井武 眠るための8ステップ
追悼・犬養道子さん 世界のトップ・レディ会見記
江原啓之 人生の3つのキーワード
→目次へ
→ご購入はこちら
ページの先頭へ