注目記事

もめない!損しない!  書き込み式 女性のための「相続」「遺言」教室 PART1 相続プランの立て方 PART2 遺言書の書き方 植田 統

夫の遺産の配分は夫が考えるもの、子どもへの相続はまだ先のこと、と思っていませんか? 夫亡き後、自分がしっかり生活していくため、そして自分の死後、子どもに迷惑をかけないために、今から準備しておきましょう。「相続プランの立て方」「遺言書の書き方」を弁護士が教えます

妻こそ考えるべき

 最近、巷で「相続税対策」について耳にすることも多いのではないでしょうか。じつは今、にわかに“相続ブーム”が起きています。2015年から相続税が大幅に増税。税を免除される基礎控除額が減額されたために、相続税を申告しなければならない人が増えています。そこで、「わが家も何かしなくては」と不安を感じているところに、不動産会社や金融機関が「相続税の対策をお手伝いします」といった営業をかけてくるのです。

(『婦人公論』2017年6月13日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!

掲載号

婦人公論 2017年6月13日号(5月23日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 上戸彩

2017年6月13日号(5月23日発売)

不調のサインを
見逃さない

ひとりでできる
「相続」と「遺言」

冨士眞奈美×吉行和子 元気の秘訣
仲代達矢 84歳から切り拓く新境地
植田統 「相続」「遺言」教室
→目次へ
→ご購入はこちら
ページの先頭へ