注目記事

人生後半から大切なのは 食事、運動、そしてときめきよね 冨士眞奈美×吉行和子 司会◎関 容子

40年にわたり親交があるという3人。女優の岸田今日子さんが存命のころは、皆で旅行や食事を楽しんでいたそう。元気に過ごすために、日々心がけていることとは?気心の知れた仲間で自由に語り合います

40代、
50代は
自由になる

関 私たちのおつきあいは、岸田今日子さんがいらしたころを含めて、もう40年近くにもなりますね。今日は、40代以降の体の変化がテーマですって。
冨士 私は40くらいまで大酒飲みのウワバミだったの。だけど、転んで足首を折ってからだんだん飲めなくなって、お酒のこと忘れちゃった。もう一生分飲んじゃったのね。
関 和子さんは、お兄様の淳之介先生がお酒強かったのに、全然なのよね。
吉行 そう、まったく飲めないの。だから私たち3人で、季節ごとに食事会をしても、関さんだけお酒が飲めて。

(『婦人公論』2017年6月13日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!

掲載号

婦人公論 2017年6月13日号(5月23日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 上戸彩

2017年6月13日号(5月23日発売)

不調のサインを
見逃さない

ひとりでできる
「相続」と「遺言」

冨士眞奈美×吉行和子 元気の秘訣
仲代達矢 84歳から切り拓く新境地
植田統 「相続」「遺言」教室
→目次へ
→ご購入はこちら
ページの先頭へ