注目記事

人には無限の色がある。 ひとつじゃないから面白い 真矢ミキ

朝の顔として、情報番組ですっかりお馴染みに。ドラマや舞台とは
また別の朗らかな存在感が心地よい。50代になり、
これまでにない経験を重ねるなかでみえてきた、「らしい」自分の姿とは

「そうか、
50歳からは
個性が大事なんだ」

 情報生番組のMCという未経験の分野でのお仕事を始めたのは50歳になってから。丸2年続けるうちに、自分が変わってきたという実感があります。
 それまでは、世の中の出来事を白か黒か、善か悪かで決めつけがちでした。でも、事件も含めさまざまなニュースに触れ、いろいろな立場の方の気持ちを考えるようになると、白黒以外のさまざまな色があるように、人の感情にはたくさんのひだがあって、心情にも無限の色があると感じます。だからこそ、ちょっとしたボタンの掛け違いで思いがけない方向に行く場合もある——。そういう目線で見ることができるようになった分、“大人”になったかな、という気がします。

(『婦人公論』2017年4月11日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!

掲載号

婦人公論 2017年4月11日号(3月28日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 真矢ミキ

2017年4月11日号(3月28日発売)

かっこよく 年を重ねたい

運を開く
家づくり

真矢ミキ 人には無限の色がある。
小池百合子×幸田真音 対談
李家幽竹 ラッキーフラワー
→目次へ
→ご購入はこちら
ページの先頭へ