注目記事

好きなことを続けるために
私は、お金から目を背けない
夏木マリ

同世代だけでなく、若い女性からも「人生の憧れの先輩」として絶大な人気を誇る夏木マリさん。「働く」ことに対する考え方を聞いてみると、デビューから四十数年に及ぶ活動のなかで、何度か仕事の方向性を意識的にチェンジしてきたといいます

キャバレーで歌う日々から
演劇の世界へ

 やりたいことを追求してきた、というより、あまり深く考えずに、そのときどきで心の赴くものを選びとってきた、という感じでしょうか。
 私、不安定な状態でいることが好きなんですよ。安定しているとブスになっちゃう気がするの。年齢を重ねれば重ねるほど、普通、人は落ち着いてきますよね。そうすると、仕事の選び方、やり方、生活スタイル、考え方、メイク、顔つき……みんな固まっていく。だから安定せず安住せず、ずっと浮遊していたいな、と思うんです。

(『婦人公論』2017年2月28日号より一部抜粋)

掲載号

婦人公論 2017年2月28日号(2月14日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 君島十和子

2017年2月28日号(2月14日発売)

生きがいと
お金を得て
輝く人

いい病院、
悪い病院の
見分け方

170228夏木マリ 好きなことを続けるために
170228嵐 グラビア&レポート
170228富家孝/橋口玲子 危ない病院
→目次へ
→ご購入はこちら
ページの先頭へ