注目記事

女性研究者による世紀の大発見と
注目されるも、一転、不正疑惑により批判に晒された小保方晴子さん。
瀬戸内寂聴さんの呼びかけに応えて、
京都・嵯峨野の寂庵を訪ねました。
嵐のようなバッシングを受けて、
いまなお胸に抱え続ける苦しみとは――


〈婦人公論編集部より〉
現在発売中の『婦人公論』6/14号に掲載している瀬戸内寂聴さんと小保方晴子さんの対談記事に関して、他メディアで婦人公論関係者の話として報道されていることには事実と異なる内容が含まれています。
この記事に対しての取材に、婦人公論編集部はお答えしておりません。

瀬戸内 今年の1月、あなたの手記『あの日』が発売されて、瞬く間にベストセラーになりました。本の売れないこの時代に、すごいことです。
小保方 私はこの2年間、うつ病の治療で通院する以外はほとんど外出することができず、書店にも一度も行っていなくて、売れたという実感はまったくないのですけれど。

(『婦人公論』2016年6月14日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!
婦人公論センパイ特設ページへ
最新号目次

メルマガ配信(無料)

婦人公論メールマガジンのご案内
メルマガ登録

掲載号

婦人公論 2016年6月14日号(5月24日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 原田知世

2016年6月14日号(5月24日発売)

ひとりになっても
豊かな老後

私の体の
秘かな悩み

鼎談 石川三千花×酒井順子×光浦靖子
口臭・加齢臭はこう防ぐ
小保方晴子×瀬戸内寂聴
→目次へ
売り切れ
ページの先頭へ