注目記事

芸能界の中でも幅広い交友関係を持つ石井ふく子さんと三田佳子さん。コミュニティの一員として、お住まいの地域の人々との交流を欠かさないそうです。昭和の下町の思い出から東日本大震災後の防災対策まで、話は尽きず広がって──

ごはんを
届けてあげる仲

三田 石井先生も私もマンション暮らしですね。
石井 私はひとりで暮らしていますが、今の部屋は10年ちょっと。きっかけは、奈良岡朋子さんに「新聞の折り込みチラシでいい物件を見つけたんだけど、石井さん見てきてくれない?」と言われたことなんですよ。それでモデルルームを見に行ったら、私が気に入っちゃった。

(『婦人公論』2016年5月10日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!
婦人公論センパイ特設ページへ
最新号目次

メルマガ配信(無料)

婦人公論メールマガジンのご案内
メルマガ登録

掲載号

婦人公論 2016年5月10日号(4月26日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: クルム伊達公子

2016年5月10日号(4月26日発売)

スッキリ暮らす
整理と収納

長生き時代の
ご近所づきあい

高島礼子 家の整え方
石井ふく子×三田佳子 対談
国谷裕子 走り続けた23年
→目次へ
売り切れ
ページの先頭へ