注目記事

32歳の誕生日直前に、セミヌードを含む写真集を発表した安達祐実さん。「イメージダウンも覚悟のうえ」と語る、その決意の裏に秘められた思いとは──。芸能界にどっぷり浸かった30年間に、彼女は何を感じてきたのか

ダークサイドを
あえて写し出す

 今年9月、『私生活』という写真集を出しました。デビュー30周年に向けて、「何か残したいな」と思い、仲良しのスタッフと内輪で写真を撮り始めたのが2年ほど前。最初のうちは、作品の方向性をめぐって迷走したけれど、徐々にカメラの前で“演じない”ということが、この写真集のテーマになりました。

(『婦人公論』2013年11月22日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!
婦人公論センパイ特設ページへ
最新号目次

メルマガ配信(無料)

婦人公論メールマガジンのご案内
メルマガ登録

掲載号

婦人公論 2013年11月22日号(11月7日発売)
定価566円(本体価格524円)
表紙: 掘北真希

2013年11月22日号(11月7日発売)

わたしの
「居場所」を
見つけて、
幸せになる

親の介護──
あなたの負担は
軽くできる

村木厚子
安達祐実
前田敦子×綿矢りさ
→目次へ
売り切れ
ページの先頭へ