注目記事

追悼・宮尾登美子さん

小説ではなく、
物語を紡ぐ人でした
林 真理子

作品の大ファンであり、個人的にも親しく交流のあった林真理子さん。これから宮尾登美子さんの評伝を、と考えていた矢先の訃報だったという。宮尾さんの人となりや思い出を聞いた

2枚のお着物  

 宮尾先生と最後にお目にかかったのは、2014年の3月です。先生の評伝を書こうと思い、そのご挨拶に伺ったのです。「先生、お変わりなくて嬉しいです」と申し上げたら、「林さん、私、本当に体が弱くなっちゃって」と、いつもの先生らしくないお答えをなさいました。

(『婦人公論』2015年2月24日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!

掲載号

婦人公論 2015年2月24日号(2月10日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 萬田久子

2015年2月24日号(2月10日発売)

50歳、60歳、70歳、
女の節目に
つまずかないために

厳冬におくる
プチ快楽白書

村崎芙蓉子 ベテラン女医のアドバイス
林真理子 追悼・宮尾登美子さん
北村邦夫 都道府県別・性行動調査
→目次へ
売り切れ
ページの先頭へ