投稿募集

『婦人公論』では読者の方々の投稿・体験手記・ノンフィクション原稿などを随時募集しています。
優れた作品は小誌に掲載し、原稿料をお支払いいたします。
なお投稿に際しては、投稿規定にしたがってください。

読者手記募集

●お酒で人生が破綻して

ほどほどに、楽しく飲んでいたうちはよかったものの、いつしか限度を超えてしまい......。お酒の席での大失敗で人生を棒に振ったり、アルコール依存症に陥った家族に大迷惑を被ったり。お酒が原因で苦しむ家族や本人の現実を
締切 6月11日(月)

●嗚呼、金の切れ目が縁の切れ目

無断で保険を解約、趣味につぎ込む夫に三行半。親の遺産相続でもめたきょうだいは法事でソッポを向いたきり。ヘソクリで企業の援助をした友人は、音信不通に――。家族も友もこの世は金次第。あなたの「金とともに去りぬ」物語は
締切 6月11日(月)

●"年甲斐もなく"と言われます

何かを始めるのに遅すぎることはないと挑戦するも、周囲は冷たく「いい年をして」。でも別にいいじゃないですか。アイドルを追っかけても、プチ整形をしても、チュチュに憧れバレエ教室に通っても。あなたの「年甲斐もないけど」話を
締切 6月11日(月)

投稿する

読者体験手記 投稿規定

  • 内容…事実にもとづいて書かれた、未発表のものに限ります。
  • 枚数…400字詰原稿用紙8〜12枚
  • 原稿料…掲載1篇につき2万円
  • 送り先(郵送での投稿の場合)…〒100-8152 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル19階 中央公論新社 婦人公論編集部「読者体験手記係」
  • 誌上匿名でも結構ですが、住所(郵便番号)・氏名・年齢・職業・電話番号を明記してください(※ご記入いただいたすべての個人情報は厳重に管理し、雑誌編集業務以外の目的には使用いたしません)。

なお編集の都合上、原稿の整理・手直しをさせていただくことがあります。また版権は発表後2年間は中央公論新社に帰属。応募原稿(資料・写真を含む)の返却、採否のお問い合わせには応じられませんので、ご了承ください。

ノンフィクション

本誌は読者の皆様の積極的な誌上参加を待望して、長文ノンフィクション原稿を随時募集しております。テーマは2種類。いずれも、事実にもとづいたものに限ります。

●私を変えた性体験

体験手記。

●ノンジャンル

恋愛・結婚・友情・闘病・事件などに関する体験手記ほか、旅行記、ルポルタージュなど。

投稿する

読者ノンフィクション 投稿規定

  • 内容…事実にもとづいて書かれた、未発表のものに限ります。
  • 枚数…400字詰15枚以上20枚以内
  • 原稿料…掲載1篇につき4万円
  • 送り先…〒100-8152 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル19階 中央公論新社 婦人公論編集部「ノンフィクション係」
  • 誌上匿名でも結構ですが、住所(郵便番号)・氏名・年齢・職業・電話番号を明記してください(※ご記入いただいたすべての個人情報は厳重に管理し、雑誌編集業務以外の目的には使用いたしません)。

なお、編集の都合上、原稿の整理・手直しをさせていただくことがあります。また、版権は発表後2年間は中央公論新社に帰属。応募原稿(資料・写真を含む)の返却、採否のお問い合わせには応じられませんので、ご了承ください。

フォーラム

●一句一首一篇

短歌は3首以内。
俳句は3句以内。
詩はB4の原稿用紙で1通2篇以内。
匿名希望の方はペンネームを。

●読者のひろば

時事問題から身の回りのこと、本誌記事への感想など800〜1000字まで。
匿名希望の方はその旨お書きください。

投稿する

フォーラム 投稿規定

  • 内容・枚数…各コーナーの規定に準ずる。
  • 原稿料…入選・採用の方には薄謝を進呈いたします。
  • 送り先(郵送での投稿の場合)…〒100-8152 東京都千代田区大手町1-7-1読売新聞ビル19階 中央公論新社 婦人公論編集部「フォーラム」各コーナー係
  • 郵便番号・住所(都道府県から)・氏名(ふりがな)・年齢・職業を明記のこと。二重投稿は、かたくお断りいたします。(※ご記入いただいたすべての個人情報は厳重に管理し、雑誌編集業務以外の目的には使用いたしません)。

なお、編集の都合上、原稿の整理・手直しをさせていただくことがあります。また、版権は発表後2年間は中央公論新社に帰属。応募原稿(資料・写真を含む)の返却、採否のお問い合わせには応じられませんので、ご了承ください。

ページの先頭へ