ホーム > 電子書籍 > ドナ・ビボラの爪 上

電子書籍

ドナ・ビボラの爪 上

ドナ・ビボラの爪 上

宮本昌孝 著

死者二万余人、流失家屋数万戸と記録される大嵐「濃洲大洪水」の真っ只中、沛然と降りしきる雨のしたで、美濃国守護所で一人の赤子が産声を上げた。ぎょろ目、長々しい中停、角張ったあご。その威圧的な容貌は、蝮で知られる父・斉藤道三に瓜二つであり、抱き上げた忠臣・堀田道空は、主君に並ぶ大器誕生の予感に喜びを覚える。だがその期待は稲妻が全身を照らし出した瞬間、絶望に変わった。赤子の股には、男子たる証がなかったのだった……。醜女として家臣に忌避されながらも、道三や道空らに武士として教育を施される娘は、あるとき、崇福寺の法嗣・快川紹喜の元で修行する稚子・希希に恋をし、次第に女に目覚めていくが、身分違いの恋は、容赦なく二人を引き裂いてしまう。失恋に打ちひしがれる女のもとに、隣国尾張・織田三郎信長との縁談が持ち込まれるが――。歴史上から忽然と姿を消した信長の妻・帰蝶の謎に迫る、本格歴史伝奇小説、ここにあり。

書誌データ

  • 配信開始日2016/9/25
  • 判型中公eブックス
  • 希望小売価格本体1360円(税別)
[an error occurred while processing this directive]