ホーム > 電子書籍 > 双調平家物語12

電子書籍

双調平家物語12

双調平家物語12

治承の巻Ⅰ

橋本治 著

安元三年、都では、亡き信西の乳母子・西光の息子が白山の寺僧達と加賀・鵜川で起こした騒動に端を発した叡山大衆の強訴、さらに大内炎上と事件が続く。重盛と愛情関係にあった藤原成親は、平氏の専横を憎み、後白河院の近臣達と俊寛の預かる鹿ヶ谷の山荘に集い、「平氏打倒」の謀議を重ねる。しかし、多田蔵人行綱の訴人によって事は露見し、院が背後で関与したことがわかると、清盛は院の罪を問い、幽閉しようとする。

書誌データ

  • 配信開始日2010/3/25
  • 判型中公eブックス
  • 希望小売価格本体1048円(税別)
[an error occurred while processing this directive]