ホーム > 電子書籍 > 吉備 古代の呪い

電子書籍

吉備 古代の呪い

吉備 古代の呪い

西村京太郎 著

岡山県総社市に住むアマチュア郷土史家・吉野文彦が、東京のホテルで服毒死した。吉野は<桃太郎・温羅伝説>を大胆に解釈した小説「吉備 古代の呪い」を地元紙に連載し、好評を博していた。上京の目的は、招待された日本古代史研究会のパーティーに出席するため。しかし会の代表は招待状を出していないという。岡山に向かった十津川警部は、吉野と吉野が所属する吉備古代史研究会の実力者との間に確執があったことを知る…。古代ロマンが生んだ現代の殺人事件の真相は?

書誌データ

  • 配信開始日2009/2/25
  • 判型中公eブックス
  • 希望小売価格本体819円(税別)
[an error occurred while processing this directive]