最新号目次

中央公論 2017年3月号(2月10日発売)
定価930円(本体価格861円)

ご購入はこちら!
注目記事はこちら

2017年3月号(2月10日発売)

ふるさと納税の本末転倒

過熱する返礼品競争

●鼎談
これは、寄付か「肉」欲か? 返礼品狂騒曲の結末は?
そして、都市の逆襲が始まる…… 
片山善博×石破 茂×田中 良


●1位は都城市、最悪は横浜市、22の過疎自治体が赤字に!
全国1741市区町村損得勘定全リスト 
葉上太郎


●ナンバーワンの都城市長に聞く
目的は市のPRであって寄付金集めではない
池田宜永

▼ふるさと納税が地方にもたらした効果とは? 

●ルポ 富良野、函館を歩く
返礼品競争が市町村の良識を奪っていく 
葉上太郎

●経済学的に考える
地方財政の格差はいかに是正されるべきか 
別所俊一郎

●寄付は利己的であってもいい 
渋澤 健

新書大賞2017

祝!10周年

●新書通75人が厳選した 年間ベスト20

●大賞受賞者インタビュー
『言ってはいけない』 橘 玲

●井上章一、大竹文雄、田原総一朗、橋爪大三郎ら目利き22人が選ぶ2016年私のオススメ新書

●新書大賞10周年記念
10年間の新書ベスト3

●対談
厳しい時代に〝骨のある〞レーベルが生き残った 
永江 朗×渡邊十絲子

トランプ政権発足

●トランプ氏にはチャンスが与えられるべきだ 
ヘンリー・キッシンジャー

●早くも「Gゼロ状態」が到来してしまった 
イアン・ブレマー

●新連載
地球を古典で読み解けば❶
トランプとプーチンと旧約聖書 
佐藤 優

時評2017
●ポピュリズムという言葉が覆い隠すもの 
遠藤 乾

●野放図な税制改悪に全世界は対処できるか 
渡辺博史

●ユニーク入試、危ない入試、ありきたりの入試 
竹内 洋


●対談
医療費が膨張する今、高齢者のがん治療を考えた
末期膵臓がんでも私は負けない! 
石 弘光×垣添忠生

●日本のエネルギーを考える❹
高速増殖炉「もんじゅ」廃炉の教訓 
遠藤哲也

●ルポ
クーデター未遂、相次ぐテロ……
厳戒態勢のトルコに行って歩いて考えた【前篇】 
星野博美

●おかしなニッポンに喝!
個人の嗜好まで奪う〝不寛容社会〞でいいのか? 
飯島 勲

●知事対談
「小さくても勝てる」鳥取、「大きくても勝つ」東京 
小池百合子×平井伸治

中央公論創刊130周年 since 1887

●私と中央公論❸[上]
京都生まれのDNA 
加藤秀俊

●目次の森へ❸
秀才・清沢満之 
植田 滋

●『中央公論』から生まれた本

『情報の文明学』梅棹忠夫著
▼村井 純

『ルワンダ中央銀行総裁日記』服部正也著
▼高野秀行

●名門高校 俊英の軌跡❸
日比谷高校[上] 
永井 隆

文学にみる現代アメリカ

●対談
アメリカ文学がアメリカを語らなくなった 
都甲幸治×藤井 光

掌篇小説(本邦初訳)
▼オヘア空港発の乗り継ぎ便に間に合わなかった方々へ 
エイミー・ヘンペル 
訳・都甲幸治

●僕が出会った二十世紀のレジェンドたち❺
一期一会の人びと キース・リチャーズ
五木寛之

●川端コレクション新発見
文豪たちの書でたどる近代文学史 
水原園博

●酒は人の上に人を造らず⓱
狸囃子に誘われ 
吉田 類

●宝塚をつくった男・小林一三⓲
ヴィジョナリー・カンパニーとしての東宝 
鹿島 茂

連載小説
●雪の階【第13回】 
奥泉 光

●呉漢【第27回】 
宮城谷昌光

グラビア

Artist in Japan⓯浅利慶太
東京歴史的邸宅探訪⓫三鷹市山本有三記念館
撮影◉薈田純一 文◉仲宇佐ゆり
わたしの仕事場❸隈 研吾▼撮影◉薈田純一
川端康成の眼【特別篇】
新発見! 文豪たちの書▼文◉水原園博
新・小説のふるさと▼撮影◉薈田純一
東京坂道散歩▼撮影◉鷹野 晃

連載/コラム

●今月の一枚
●Stage▼河合祥一郎
●永田町政態学
●人事消息地獄耳
●Film▼渡辺祥子
●バルセロナの窓から⓫大野ゆり子
●Art▼安村敏信
●炎上するまくら❸立川吉笑
●地図のある人生❷今尾恵介
●深層NEWSの核心
●映画音痴の玉手箱小谷野 敦
●この役者ええやん! 大森美紀子▼結城豊弘

書苑周遊
●新刊この一冊▼酒井順子
●著者に聞く▼閻連科
●ブッククリップ
●この科学本が面白い!▼森田真生
●俳優の書棚▼奥田瑛二
説苑
編集後記
読者アンケート

ご購入はこちら
ページの先頭へ