編集部より

お知らせ
編集後記
関連書籍
中央公論文芸賞
読売・吉野作造賞
谷崎潤一郎賞
中央公論とは
リンク集

編集後記

2017年9月号【編集長から】

<等身大の自画像とは>

エズラ・ヴォーゲル教授が、戦後日本の経済成長を讃えた「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を著したのは、40年ほど前の1979年のことです。日本経済はその後、85年のプラザ合意による円高も乗り越えてバブル状態となり、一時はアメリカを飲み込まんばかりの勢いだったのですが、バブルが崩壊し、中国が台頭したここ20年ほどは、一転して日

本への関心の低下を「ジャパン・パッシング」と呼んで問題とするなど、必要以上に卑下するようなところもありました。ところがここ数年は、さらに一転し、何か空威張りのように日本を自画自賛する風潮が広がっています。等身大の自画像というのは難しいものです。

今回の特集では、そのヴォーゲル教授も含めた米ハーバード大の10教授に、授業での日本や日本史の教え方についてインタビューしています。

▼民主主義の先駆け「十七条憲法」 アマルティア・セン
▼『源氏物語』は不評。城山三郎にびっくり アンドルー・ゴードン
▼和食の「下ごしらえ」がすごい テオドル・C・ベスター
▼『忠臣蔵』に感動する学生たち デビッド・L・ハウエル
▼龍馬、西郷は「脇役」にすぎない アルバート・M・クレイグ
▼渋沢栄一ならトランプにこう忠告する ジェフリー・ジョーンズ
▼格差を広げないサムライの資本主義 エズラ・F・ヴォーゲル
▼被災地・宮古から考える イアン・J・ミラー
▼移民の受け入れは不可避だ ジョセフ・S・ナイ
▼モラル・リーダーとしての天皇論 サンドラ・J・サッチャー

アカデミズムのエリートたちの目に映る日本の姿は、悪くないと思います。ノーベル経済学賞のセン教授が「十七条憲法」を民主主義のお手本としているのには驚きました。ほかにも新しい発見がたくさんありました。

一方で、グレン・フクシマ氏の「発信力を高めるために何が必要か」は、プレゼンスが低下しつつある日本の課題を、苅谷剛彦氏の「オックスフォードから見た『日本』という問題」は、世界から見た日本への関心のあり方の構造的な変化を論じています。浮かれている場合でもないようです。

    

編集長 斎藤孝光
                   

<中央公論デジタル・ダイジェスト=7月25日発刊分>

バックナンバーの電子書籍が続々発刊中です。

2017年8月号【編集長から】

<英語一強時代の日本語のサバイバル術>

機械が訳したらしい、たどたどしい日本語の説明書きを、海外製品を扱うネット通販サイトでよく見るようになりました。そもそも関心がある商品の情報ですから、表現が稚拙であっても概ね要点は理解できます。訳出が完全でなくても用が足る領域は、意外と広いのかも知れません。機械翻訳が安く、気軽に使えるようになり、身の周りの利便性は確実に上がっています。

ところが同じネット上の情報でも、ニュースは事情が異なるようです。発言者の地位や責任の軽重とは無関係に、片言隻語まで翻訳されて国をまたいで流通し、あたかも国全体の意見のように取り上げられて関係国民の感情を害したり、相互不信に拍車をかけたりする事例を目にするようになりました。情報量が増えさえすれば、相互理解が進むわけではないようなのです。

特集で隅田英一郎氏が言うように、人工知能の進歩で「九九%の人は中学校や高校で英語を勉強しなくてよくなる」時代になったとしたら、次の課題は異文化理解になるはずです。言語に制約されず誰とも意思疎通できる世界では、国民一人ひとりが自国の文化や立場を対外的に説明できる能力こそを、国力と呼ぶようになるかも知れません。

二〇二〇年度からの次期学習指導要領では、小学校五年から英語が正式な教科となります。意思疎通の能力を高めることに並行して、語るべき中身を鍛えることも忘れないで欲しいと思います。
                               編集長 斎藤孝光

<中央公論デジタル・ダイジェスト=6月25日発刊分>
バックナンバーの電子書籍が続々発刊中です