最新号【目次】

中央公論 2020年4月号(3月10日発売)
定価950円(本体価格864円)

ご購入はこちら!
注目記事はこちら

2020年4月号(3月10日発売)

【特集】 21世紀の危機?

=拡大する新型肺炎=
〔鼎談〕
AI社会が直面する見えざる脅威
疫病という「世界史の逆襲」
山内昌之×本村凌二×佐藤 優


黒死病、スペイン風邪から考える新型肺炎のゆくえ
感染症と文明社会
山本太郎


新型コロナウイルス肺炎を必要以上に怖れない
新興感染症への備えを強化せよ
岡部信彦


日本を代表する元・国際公務員が明かす
なぜ中国寄り? WHOの正体
赤阪清隆


ついに欧州上陸、フランスは今
アジア系の居場所がなくなる日?
辻 仁成


無茶すぎる推進と、あまりに過剰な抑止
新型肺炎で顕在した“ピーキー”な中国
高口康太


=瀕死の民主主義=
〔対談〕
都市封鎖、ハイテク監視の合理・非合理
中国は「AI×中華思想」のネオ強権国家か?
岡本隆司×梶谷 懐


新・帝国時代の秩序なき闘争
中国・ロシア、そしてGAFAの脅威
ニーアル・ファーガソン×(聞き手)会田弘継


国際法を凌駕するロシアの「主権」認識
皇帝プーチンの思考と野望
小泉 悠


〔対談〕
テクノロジーがもたらした分断と監視社会
「民主主義の抑制」が問われる21世紀の政治思想
東 浩紀×山本龍彦


対EU、国内融和に奔走する立憲君主
ブレグジット後の英国と王室の存在
君塚直隆

【時評2020】
新型感染症対策の「プランB」を議論せよ
砂原庸介


一時の消費減を憂うナンセンス
土居丈朗


SNS時代の新たなる難敵「インフォデミック」
東 浩紀

〔対談〕
スマホ世代も巻き込んで考えたいこれからの天皇制
里中満智子×御厨 貴


コスト管理とリスク管理で圧迫される社会の中で
文学は何の役に立つのか?
平野啓一郎


フランス現代文学の旗手に聞く
貧困と暴力を語る作家の責任
エドゥアール・ルイ×(聞き手)鶴原徹也


ロバート キャンベルの一冊対談集②
言葉で捉えるスポーツ、体で感じる文学
為末 大×(聞き手)ロバート キャンベル


世界を動かす中国の秘密結社③
華人社会最大級の反共組織「法輪功」
安田峰俊

《好評連載》
炎上するまくら㊵
「壱人両名」の魅力
立川吉笑


新・農業の未来を考える⑥
「倫理的な消費」考え商品開発
本田英一


大学とオリンピック⑥
大学生オリンピアンは不滅なのか〈モスクワ大会~現在〉
小林哲夫


地図のある人生㊴
なぜ駅名は変わるのか
今尾恵介


冒険の断章⑯
「思いつき」こそが私のすべて
角幡唯介


バルセロナの窓から【最終回】
天才ガウディからの「愛の贈り物」
大野ゆり子

【巻頭特別企画】
THE LEADER―戦略を語る
木村圭二郎・共栄法律事務所 弁護士 代表パートナー

《新連載小説》
蚕の王【第1回】
安東能明


《連載小説》
当確師 十二歳の革命【第18回】
真山 仁


雪澱【第8回】
黒川博行

連載小説

ニュースの一枚

永田町政態学

深層NEWSの核心

音楽には物語がある⑯
▼小谷野 敦

グラビア

日本の至宝㉘ 御所車蒔絵硯箱
▼文・田沢裕賀

美しい城下町を訪ねて④ 愛知県犬山市
▼撮影・篠原宏明/文・植田伊津子

わたしの仕事場土井善晴
▼撮影・言美 歩

海洋生物はおもしろい
▼撮影と文・伊勢優史

連載/コラム

新刊この一冊
▼大竹昭子

著者に聞く
▼中川一徳

ブッククリップ

このマンガもすごい!
▼栗俣力也

目からウロコの名作再読⑯
▼車 浮代

ご購入はこちら
ページの先頭へ