バックナンバー【目次】

中央公論 2020年2月号(1月10日発売)
定価950円(本体価格864円)

ご購入はこちら!
注目記事はこちら

2020年2月号(1月10日発売)

受験生をふりまわすな! 入試大混乱

〔対談〕
迷走する大学改革 今必要なのは、撤退と決算だ
竹内 洋×佐藤郁哉


エセ演繹型思考による政策決定を駁す
教育改革神話を解体する
苅谷剛彦


頓挫した韓国、多面的な中国、長期的選抜のデンマーク
各国も試行錯誤 「話す」「書く」英語試験事情
天野一哉


【激突】
==推進派、反対派に問う==

それでも入試改革が必要な理由
鈴木 寛

現場を惑わす曖昧な改変は止めよ
南風原朝和

対談を終えて
今井むつみ


受験生保護の大原則に従った入試制度改革を
英語民間試験利用を見送った東北大学の入試設計思想
倉元直樹


〔対談〕
二大受験マンガ『ドラゴン桜』vs.『二月の勝者』
国が投資(インベスト)すべきはトップ層か
中間層か恵まれない層か?

三田紀房×高瀬志帆×司会:おおたとしまさ


〔対談〕
人生を賭けた高校生に大迷惑 教育を政争の具にするな!
池上 彰×佐藤 優


==私と受験==
制度が変わっても、「マドンナ古文」が貫いてきたもの
荻野文子
小説家への夢、インドとの因縁、呪われた執拗さは入試で養われた
石井遊佳
雑書ノートの頃
千葉雅也

【時評2020】
入試改革、何を見直すか?
砂原庸介


大型経済対策の狙いは何か
土居丈朗


「館」が象徴する安倍長期政権と野党の存在感
東 浩紀

【田原総一朗が広井教授に迫る】
経済優先、都会志向はもう古い!
昭和的価値観を捨て、人口減少社会を乗り切れ
広井良典×聞き手:田原総一朗


==追悼 中曽根康弘元首相==
私心なき勉強家 盟友との六十余年
渡邉恒雄
生涯現役を自任し、最期まで悩み抜いた憂国の保守政治家
服部龍二


【特別対談】
令和の世に『万葉集』を読み直す
中西 進×五木寛之


サーベイ実験で検証する2%増税と軽減措置の影響
消費増税とアカウンタビリティ
河野 勝

【公論2020】
占領米軍の特権がなぜ温存され続けるのか
安保改定、日米地位協定調印から六〇年
山本章子


今なぜ東京に「そそる」モニュメントがないのか
五輪、都市、アニメーション
押井 守×聞き手:五十嵐太郎


〔ルポ〕
優越感と劣等感が混迷を深くする
香港市民を苦しめる中国との「立場の逆転」
中島 恵


〔巻頭特別企画〕
THE LEADER―戦略を語る
金杉恭三・あいおいニッセイ同和損害保険 代表取締役社長

《好評連載》
炎上するまくら㊳
「時間」はないの?
立川吉笑


新・農業の未来を考える④
安すぎる小売価格の再考を
新山陽子


大学とオリンピック④
部の伝統ゆえ、オリンピックを辞退
小林哲夫


冒険の断章⑭
われわれを突き動かす野性
角幡唯介


地図のある人生㊲
大学の郊外移転 先駆けは明治大正期
今尾恵介


酒は人の上に人を造らず㊻
天国まではしご酒
吉田 類

《新連載》
世界を動かす中国の秘密結社①
謎めいた加入儀式
安田峰俊


ロバート キャンベルの一冊対談集①
古典に学んだ「ボーダレス芸術」が問いかけるもの
猪子寿之×聞き手:ロバート キャンベル

《小説連載》
雪澱【第6回】
黒川博行


当確師 十二歳の革命【第16回】
真山 仁

連載小説

●ニュースの一枚

●Stage
河合祥一郎

●フィギュアスケートの肖像⑪
宇都宮直子

●Film
渡辺祥子

●バルセロナの窓から㊻
大野ゆり子

●深層NEWSの核心

●音楽には物語がある⑭
小谷野 敦

グラビア

●日本の至宝能面㉖伝山姥
文・田沢裕賀

●美しい城下町を訪ねて②石川県金沢市
撮影・篠原宏明/文・植田伊津子

●アート集団チームラボの作品世界

●海洋生物はおもしろい
撮影と文・伊勢優史

●闇に浮かぶ獣たち
撮影・山下晃伸

連載/コラム

●新刊この一冊
伊勢谷 武

●著者に聞く
町田哲也

●ブッククリップ

●このマンガもすごい!
かとうちあき

●目からウロコの名作再読⑭
山口恵以子

ご購入はこちら
ページの先頭へ