最新号【目次】

中央公論 2019年2月号(1月10日発売)
定価930円(本体価格861円)

ご購入はこちら!
注目記事はこちら

2019年2月号(1月10日発売)

常識が変わる!? 日本史の大論争

【古代】
都と〝田舎〞の相克から、この国のかたちを問う 
井上章一×倉本一宏


【中世】
戦国期の「高度成長」と「外国人受け入れ」に学べ 
堺屋太一×今谷 明


【近世】
江戸は封建時代か初期近代か 
よしながふみ×大石 学


【近代】
連続か断絶か?明治維新という大転換 
佐々木雄一×清水唯一朗


【現代】
山崎拓・元自民党副総裁に聞く
動乱期に求められる総理の器 
山崎 拓 
聞き手・宮城大蔵

ラーメン文化論――まんぷく日本・繁盛秘話

●総論 
日米の明暗を分かつ〝大量生産の思想〟
フォードとジョブズと「インスタントラーメン」 
速水健朗


●論点❶ルーツ・伝播 
安藤百福と歩いた「麺ロードの旅」 
筒井之隆


●論点❷インバウンド消費 
中国人はなぜ「日式拉麺」の虜なのか 
中島 恵


●論点❸マニア・評論家 
定食評論家がラーメン評論に手を出せない理由 
今 柊二


●エッセイ 
魔法使いの支那そば 
奥田瑛二

時評2019


●安倍長期政権が迎える外交の大舞台 
細谷雄一


●「金融老年学」という新たな研究課題 
小林慶一郎


●渋谷を定点観測点とした平成史 
原 武史

●鼎談
池上彰、佐藤優が大学入試センター理事長に迫る!
AI時代の大学入試はどうあるべきか? 
山本廣基×池上 彰×佐藤 優


●対談
井手教授と考える新しい社会❶ 
人口増、出生率・税収アップ! 明石市が作った好循環とは?
市民目線の「ニーズ主義」が日本を変える 
泉 房穂×井手英策


●韓国人画家ペク・ヨンスを追って[前編]
二歳で母と日本へ、大阪美術学校で学ぶ 
与那原 恵


●ルポ
「イスラム国」から解放されて一年あまり 
モスル市民に笑顔が戻る日は―― 
菱田雄介

●第1回 川端康成青春文学賞発表
選評 津村記久子/羽田圭介/大野裕之


●新連載
チャップリンが見たファシズム❶ 
ニューヨーク港を出発、10年ぶりのロンドンへ 
大野裕之

連載小説

●凍てつく山嶺【第2回】 
伊東 潤


●当確師 十二歳の革命【第4回】 
真山 仁


●卍どもえ【第18回】 
辻原 登

連載小説

●地図のある人生㉕
変貌する街・大阪の市電路線図 
今尾恵介


●農業の未来を考える❹
「土から目線」で革命的転換を 
藤原辰史


●冒険の断章❻
GPSではわからない北極の本質 
角幡唯介


●酒は人の上に人を造らず㊱
恩師との邂逅 
吉田 類


●僕が出会った二十世紀のレジェンドたち⓭
一期一会の人びと 羽仁五郎 
五木寛之

グラビア

●日本の至宝⓮
片輪車蒔絵螺鈿手箱▼文◉田沢裕賀


●歴史的建造物探訪❿
国際子ども図書館レンガ棟 
撮影◉薈田純一 文◉仲宇佐ゆり


●モスル再訪――「イスラム国」支配の傷跡 
撮影◉菱田雄介


●わたしの仕事場㉖
岡室美奈子 
撮影◉川上尚見

連載/コラム

●ニュースの一枚
●永田町政態学
●人事消息地獄耳
●Stage▼河合祥一郎
●Film▼渡辺祥子
●Art▼安村敏信
●バルセロナの窓から㉞大野ゆり子
●深層NEWSの核心
●音楽には物語がある❷小谷野 敦
●炎上するまくら㉖立川吉笑


書苑周遊
●新刊この一冊▼森まゆみ
●著者に聞く▼橋本健二
●ブッククリップ
●このマンガもすごい!▼かとうちあき
●目からウロコの名作再読❷鎌田浩毅


【お詫びと訂正】
 二月号の対談「中世 戦国期の『高度成長』と『外国人受け入れ』に学べ」におきまして、
以下の誤りがありました。編集の過程でミスがあり、確認が不十分でした。お詫びして訂正いたします。
p41中段16~17行目
ヨーロッパ人の入国を解禁したのです。その結果、彼らが
→ヨーロッパの書物を解禁したのです。その結果、それらが

ご購入はこちら
ページの先頭へ