バックナンバー【目次】

中央公論 2015年4月号(3月10日発売)
定価930円(本体価格861円)

注目記事はこちら
関連人物一覧

トマ・ピケティ
猪木武徳
大竹文雄
工藤公康
スィースィー大統領
森達也
武田徹
田原総一朗
古市憲寿
宮台真司
ツィプラス首相
ベディントン卿
垣添忠生
岸本葉子
林家木久扇
金哲彦
鳥越俊太郎
プーチン大統領
別所哲也
水原弘
斎藤惇
辻邦生

関連キーワード一覧

シャルリー・エブド
『21世紀の資本』
経済成長率
資本収益率
ISIL
グローバル・ジハード
地下鉄サリン事件
『A』
『A2』
オウム真理教
ギリシャ新政権
相馬市
地方創生
がん哲学外来
北陸新幹線開業
島清恋愛文学賞
柴又帝釈天

2015年4月号(3月10日発売)

特集 ピケティの罠

日本で米国流格差を論じる愚

『21世紀の資本』が問う読み手の「知」
猪木武徳
なぜ日本で格差をめぐる議論が盛り上がるのか
大竹文雄×森口千晶
ピケティ神話を剥ぐ─不平等はr>gの問題なのか?
竹森俊平
格差の原因は「資産」だけではない
原田泰
税金データからの推計には限界がある
M・フェルドシュタイン
格差拡大は証明されていない
C・ジャイルズ
みなさんの疑問に答えましょう
トマ・ピケティ
早わかり『21世紀の資本』
広瀬英治

オウムと漂流する若者
─地下鉄サリン事件から20年

シリーズ◆戦後七〇年日本を問い直す4

社会の思考停止と集団化がテロの温床になる
森達也×武田徹
草食社会ニッポンの成熟と衰退
田原総一朗×古市憲寿
「イスラム国」とオウムの奇妙な相似
「終わりなき日常」が今も続く理由
宮台真司

がんと生きる
高齢社会でますます身近な病気に

シリーズ◆人生後半戦11

残りの人生と治療の負荷を秤にかけて
垣添忠生 岸本葉子
私のがん体験記
─林家木久扇/金哲彦/鳥越俊太郎
「がん哲学外来」がつなぐ医療と患者の隙間
樋野興夫
ルポ●「家に帰りたい」という患者の気持ちに寄り添って
青木直美

「イスラム国」拡散するテロ

「イスラム国」が映し出した欧州普遍主義の終焉
池内恵×中山俊宏×細谷雄一
自己責任論だけで終わるな ─いま日本にできること
宮家邦彦×岡豊

ギリシャ対EU

統合と分断の同時深化こそ欧州の「新常態」遠藤乾
ギリシャ国民がヨーロッパに突きつけた「NO」村田奈々子

シリーズ「地方消滅─いま何をすべきか」6

人手不足をチャンスに変えろ
冨山和彦×増田寛也

キューバとの国交正常化を目指す米国の思惑 
村田晃嗣

公論2015 不安定化する社会に対応できない日本の選挙
菅原琢

開業北陸新幹線
?和?の嗜みが生き続ける金沢の不思議
村松友視×唯川恵
島清恋愛文学賞受賞記念
官能小説を輝かせる愚鈍な男の洞察力
島本理生×長嶋有

3・11を忘れない

原発パニックを鎮めた英国科学者 
小出重幸
津波を生き延びた消防団員の苦悩
─福島県相馬市第九分団の四年間
葉上太郎

時評2015

現代世界の転換点としての一九七九年 宇野重規

日本酒、味噌、和食……世界で勝負するために 吉崎達彦
後藤さん、佳子様を巡り感情を解放させる日本人 酒井順子

連載小説

経済人の書棚
日本取引所グループグループCEO─斉藤惇

会いたかった画家
《第7回》ラスコーの洞窟画を描いた人
安野光雅

連載小説 
呉漢《第4回》 宮城谷昌光

グラビア

谷崎賞の作家たち 辻邦生
東京七福神巡り 5 柴又七福神
撮影・文・薈田純一
戦後70年忘れられないこの一瞬
第4回 乙武洋匡
新・小説のふるさと
撮影・薈田純一

連載/コラム

今月の一枚
Stage 河合祥一郎
永田町政態学
新連載人事消息地獄耳
森功の社会事件簿
人物交差点 工藤公康
Film 河原畑寧
Art 安村敏信
テレビドラマが時代を映す
宇野常寛
修羅場の作法 佐藤優
この役者ええやん!別所哲也
結城豊弘
唄う戦後70年史 長田暁二
映画音痴の玉手箱 小谷野敦
深層NEWSの核心

書苑周遊
新刊この一冊 南條竹則
著者に聞く 佐藤健太郎
ふたりで本あわせ
小池昌代 山口文憲
ブッククリップ

説苑
編集後記
読者アンケート

特別企画
花ひらく!「道の駅」新時代

ページの先頭へ