Pick up

日本の原子力外交 資源小国70年の苦闘

武田悠 著


戦後日本は乏しい資源を補うために核技術を求め、1955年の日米協定によって原子炉・核燃料を導入する。だが軍事転用の疑念から規制をかけられ、74年のインド核実験以降、それは二重三重に強化された。日本は同様の問題を抱える西欧諸国と連携して米国と向き合い、10年近い交渉によって説得。福島原発事故後は、国際的信頼の回復に苦心する。本書は平和利用と核不拡散を両立してきた日本の原子力外交の70年に及ぶ軌跡を追う。

Web連載

全てを見る
2018/07/20 UP
少年は死になさい…美しく
新堂冬樹
連載第14回
2018/07/20 UP
窮鼠の旅
恒川光太郎
連載第2回
2018/07/20 UP
もぐら新章 血脈
矢月秀作
連載第20回
2018/07/13 UP
えちごトキめき鉄道殺人事件
西村京太郎
連載第3回
2017/11/22 UP
『誤断』文庫化記念スペシャル対談
玉山鉄二(ドラマ「誤断」主演)×堂場瞬一
スペシャル対談

Webマガジン

  • Web小説中公
  • アンデル

電子書籍・オーディオブック

  • 電子書籍紹介(一部)
  • 中公eブックス
  • 中公クラシックスオーディオ講義集

ソーシャルメディア情報

  • 公式アカウント一覧

関連サイト