書籍情報

書籍詳細

イロニーの魔術師

CN-Fantasia

イロニーの魔術師

黒川裕子 著

「狩人」爆破事件の犯人として、死刑にされかけた少女パルは、変人かつ傲慢な魔術師ザラツシュトラに命を救われた。住み込みで彼の面倒をみる中で、彼女は事件に巻き込まれていく。

カバー:THORES柴本
刊行日:2015/3/25
新書判/256ページ/定価:本体900円(税別)
ISBN978-4-12-501333-6 C0293


いろにーのまじゅつし



立ち読みしてみる
この作品の冒頭20ページを無料でご覧いただけます。
オンライン立ち読みシステム!


コメント

ずいぶんご無沙汰いたしております。黒川裕子でございます。

さて久しぶりの新刊は、変形スチームパンク風味の異世界ファンタジー小説です。
函を使って魔法を行使する魔術師たちと、その弟子の物語。
ファンタジーであり、ミステリであり、異世界のようで異世界でなく(しかし異世界トリップものでもあり)人格破綻者のお師匠に付き合わざるを得なくなった女の子が奮闘する気の毒な話でもあります。また、一人の女の子が、自らの過去と内面を旅する物語でもあります。

ところで私の大好きなミステリ小説にランドル・ギャレットの「ダーシー卿シリーズ」があります。
絶版となって久しいのですが、既読者を見つけ次第捕獲して熱く語り合いたいほど好きなのです。
(代表作の原題がまた渋いんですよ。『Too Many Magicians』、邦題にして『魔術師が多すぎる』というわけです)

科学の代わりに魔術が幅をきかせる世界。魔術描写、殺人事件、スパイ、政治が架空世界で刺激的にからみあう。
もちろん、同じことをやりたかったわけではありません。
しかし、これらのキーワードに反応される方には、本作も面白く読んでいただけるのではないかと思っております。

黒川裕子風に、ファンタジーをミステリ味で調理してみました。
温かいうちにご賞味いただければ幸甚です。

〔黒川裕子/2015年3月〕

BOC
茅田砂胡 プロジェクト
C★NOVELS30周年&C★NOVELSファンタジア20周年 特別企画本[茅田砂胡 全仕事1993-2013]特設サイト
A-KOE

メールマガジン登録

新刊情報、裏話など最新情報を
お届けします

メールマガジンの登録・解除はこちらから

モバイルサイト

ケータイからも各コンテンツが閲覧できます!

QRコードを読み取っていただくとモバイルサイトにアクセスできます!

QRコードが読み取れない方は、下記アドレスを入力して下さい。
http://www.chuko.co.jp/c-novels/m/

フリーワード検索

中公eブックス

Twitter

読書メーター