書籍情報

書籍詳細

グルア監獄

CN-Fantasia

グルア監獄
蒼穹に響く銃声と終焉の月

九条菜月 著

グルア監獄、通称「軍人の墓場」への過剰な予算割り当ての謎を探るため、クロラは新兵を装っての潜入調査を命じられた。孤島に聳える監獄は奇人変人の巣窟だった。潜入の行方は!?

刊行日:2013/5/25
新書判/232ページ/定価:本体900円(税別)
ISBN978-4-12-501249-0 C0293


ぐるあかんごく
そうきゅうにひびくじゅうせいとしゅうえんのつき


立ち読みしてみる
この作品の冒頭20ページを無料でご覧いただけます。
オンライン立ち読みシステム!


コメント

 次は学園モノがいいかな~と思っていたら、若さ溢れる生徒たちの代わりに筋肉たっぷりの汗臭い兵士が闊歩し、生徒たちを厳しくも温かな眼差しで見守る教師たちの代わりに老獪な政治家や軍人が横行するといった、当初予定よりかけ離れた一品ができあがりました。しかも舞台は本土から遠く離れた孤島、そこに建てられた特殊な監獄です。学園どこいった。

 曰くありげな場所に潜入調査を命じられた主人公クロラと、灰汁の強い監獄の面々+αが織りなす物語。まずはお手に取ってみてください。

〔九条菜月/2013年5月〕

BOC
茅田砂胡 プロジェクト
C★NOVELS30周年&C★NOVELSファンタジア20周年 特別企画本[茅田砂胡 全仕事1993-2013]特設サイト
A-KOE

メールマガジン登録

新刊情報、裏話など最新情報を
お届けします

メールマガジンの登録・解除はこちらから

モバイルサイト

ケータイからも各コンテンツが閲覧できます!

QRコードを読み取っていただくとモバイルサイトにアクセスできます!

QRコードが読み取れない方は、下記アドレスを入力して下さい。
http://www.chuko.co.jp/c-novels/m/

フリーワード検索

中公eブックス

Twitter

読書メーター